まめ得のタネ

「タイム」の効果効能・おすすめレシピ。料理にも殺菌にも!|スパイス・ハーブ手帖(12)

出典:photoAC(紫の花と緑の葉のタイム)

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

タイムはハーブだと知っていても、実際にそのモノを見る機会はそうないですよね。タイムの特徴は、つぶつぶとした小さな葉っぱです。代表的な品種はコモンタイムで、これはガーデニングをする方でしたら、観賞用としても植え付けているのではないでしょうか。

 

紫がかった白い花が特徴的で、緑の葉も合わせて、清涼感ある香りを誘います。このタイムの魅力をじっくりご紹介したいと思います。

 

タイムの特徴

 

タイムという名前についてどれくらい知っている人がいるでしょう。「勇気」や「気概」という意味があり、ギリシャ語「テュモス」に由来するようです。古代のギリシャでは、目上の人を崇めたり、ヨイショするときに「あなたはタイムの香りがする」と伝えていたようです。相手に対する褒め言葉になるハーブ、こうした考え方であれば、タイムを人へのギフトとして選ぶのもアリでしょう。

 

古代から、薬草としても使われてきたタイム。体から香らせるだけでなく、肉や魚の臭み消しにも役立つとして、健康美に適したハーブではないでしょうか。

 

タイムの効果・効能

 

<強い抗菌作用>

タイムには、風邪やインフルエンザなどの感染予防、のどの痛みなどの炎症などの症状を緩和させる効能があると言われています。高い殺菌防腐効果もあり、メディカルコスメ、ハーブティーなどにも幅広く使われています。

 

のどがイガイガする、のどの奥がかゆくなる、そんなときにはタイムを薄めに煮出してうがいをするのも効果的です。

 

タイムを用いた参考レシピ

 

出典:photoAC(鍋に入った牛肉の煮込み)

 

<タイムのピクルス>

お好みのピクルス酢をつくり、そこに湯むきしたミニトマトを入れるだけです。タイムを1本入れることにより、フルーティーな香りがピクルス液に浸かります。

 

<タイムソース>

ズッキーニとレモンなどのペーストの香りづけにタイムを使用します。酸味の効いた爽やかな味のソースは、ショートパスタとあえたり、そのままパンにつけたりするのがおすすめです。ソースの香り付け程度ですから、刻んで使用するより、ミキサーでペーストにすると食感もなめらかになります。

 

<煮込み料理>

タイムをはじめ、ローリエ、セロリ、パセリなどのハーブ類を糸で束ね、洋風の煮込み料理に使いましょう。牛肉の赤ワイン煮込みなどにおすすめです。

 

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。