まめ得のタネ

新幹線の線路を走った初めての私鉄を知ってる?|旅する雑学(8)

出典:photoAC(新幹線の線路を借りて走った私鉄とは?)

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

新幹線といえば、かつては国鉄、現在はJR各社が運営する日本を代表する高速鉄道です。高速かつ安全に人々を運ぶため、ほとんどの区間を専用の線路で走っているこの新幹線も、実は東海道新幹線が開通する前に私鉄がその線路を借りて走っていた時期がありました。

 

では、この新幹線の線路を借りて走っていた私鉄はどこでしょう?

 

 

 

旅する雑学「新幹線の線路を走った初めての私鉄」の答えはこちら。わかりましたか?

 

出典:photoAC(東海道新幹線の線路を、かつて阪急電車が走っていた!)

 

正解は、「阪急電車」でした。

 

阪急電鉄は、東海道新幹線の開通前の短期間、新幹線の線路を借りて走っていました。その理由は、阪急電車の線路の高架化。東海道新幹線開通に当たって、並走区間に当たる阪急京都線の上牧駅 - 大山崎駅間の高架化工事が行われることになりました。

 

それにあたって、一時的に並走する新幹線の線路を借りて走ることに。幸い阪急電車の線路幅と新幹線の線路幅が同じなので、問題なく走れたそうです。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。