お買物探偵団調査報告一覧

トマトや昆布、セロリで気になる「高血圧対策」を

出典:筆者にて撮影(切り昆布とトマト、セロリの中華風サラダ)

 

さまざまな病気を引き起こす原因となりかねない、高血圧。日々の食養生で、少しでも改善をはかるように心がけましょう。

 

中医学において、高血圧は「肝」とよばれる臓器との関係が深いと考えます。

肝は血を貯蔵するとともに、全身の血流を調整して管理する機能がある臓器。肝に蓄えられた血は、必要に応じて全身に送り出されます。

 

また肝は自律神経もつかさどり、精神面に負担がかかると真っ先に影響が出てきます。

 

出典:photoAC

 

過剰なストレス、イライラ、怒りなどによって肝のバランスが崩れて高ぶり、熱を持つことによって一気に血圧がアップ。頭痛、めまい、耳鳴り、目の充血、のぼせ、不眠などの症状を引き起こしてしまうのです。

 

 

オーバーヒートした「肝」の熱を冷ます食材で改善をはかる

 

高血圧対策として、まずはオーバーヒートしている肝の熱を冷ます食材を取り入れること。

 

出典:photoAC

 

おすすめはセロリ。薬膳において高血圧対策によく使用される野菜です。肝の働きを整えて余分な熱を冷ますとともに、身体の上部に上がってしまった「気」を下げて、イライラを改善しリラックスさせてくれます。高血圧による頭痛やめまいの改善にも役立ちます。

 

セロリの効能は、葉の部分に多く含まれています。捨てたりしないで、刻んで茎の部分と一緒に使用を。また、香りも効果を高めるポイントのひとつなので、炒めものなどに使う場合、加熱時間は短めにするように気を付けましょう。

 

出典:photoAC

 

また、同じく高血圧対策の薬膳に欠かせないのがトマト。熱を冷まして、血圧降下に役立ちます。とくに、朝のトマト摂取が効果的。症状が気になるときは、毎日朝1個のトマトを食べるとよいでしょう。トマトジュースの場合は、塩分が含まれていないものを選ぶように気を付けてください。

 

ゴーヤ、春菊、セリも余分な熱を鎮めて、症状を改善するお助け野菜。いずれも高血圧による頭痛、めまい、目の充血にも効果を発揮します。

 

フルーツでは柿が役立ちます。柿のないシーズンには、干し柿や、柿の葉茶で取り入れるとよいでしょう。

 

 

海藻類で老廃物を出し、血圧を下げる

 

出典:photoAC

 

また、高血圧は食べ過ぎ、飲み過ぎや脂っこいものの過剰摂取によって、体内に老廃物をため込んでしまい、水分代謝が悪くなり、ひいては血流も滞ってしまうことからも引き起こされます。

 

こちらは身体にこもった余分な熱をとり、水分を排出する食材を取り入れること。おすすめは海藻類。体内をクールダウンするとともに、利尿効果が高く、毒素や老廃物を追い出してくれます。

 

出典:photoAC

 

とくに、血圧降下にパワフルな効果があるのが昆布。高血圧による首や肩のこりにもおすすめです。料理の具材として取り入れることはもちろん、ふだんからだしは昆布でとり、煮出した昆布も食べるなど、こまめに取り入れることをおすすめします。

 

ゴボウ、タケノコも熱を取り除いて水分代謝をアップするのに役立ちます。

 

出典:photoAC

 

麺類を選ぶならそばを。栄養学的にも高血圧によいとされていますが、薬膳においても優れた効能があるのです。

 

ちなみに最も症状が悪化しやすいのは春。春は肝のバランスが崩れやすい季節。さらに身体の上部にトラブルが出やすいので血圧が上がりやすいのです。心して養生するように気をつけましょう。

 

 

「高血圧対策」におすすめの薬膳レシピ

 

出典:筆者にて撮影(切り昆布とトマト、セロリの中華風サラダ)

 

★切り昆布とトマト、セロリの中華風サラダ

薬膳において高血圧対策3大食材ともいえる昆布、トマト、セロリを組み合わせたサラダ。朝食にいただくと効果的です。意外な組み合わせかもしれませんが、ごま油の風味で昆布とトマト、セロリが一体となって美味しくいただけます。

 

 

【材料】2人分

切り昆布 100g

トマト  1/2個

セロリ(茎) 1/2本

セロリ(葉) 適量

A(しょうゆ・酢・ごま油・サラダ油 各大さじ1、砂糖ひとつまみ)

塩 少々

 

【作り方】

①トマトは薄めの串切りにする。

②セロリの茎は縦半分に切って斜め薄切り、葉の部分は粗く刻み塩をふってもみこむ。

③切り昆布は食べやすく切ってボウルに入れ、①、②も加え、混ぜ合わせたAであえる。

 

 

次回は、「胃痛の改善」におすすめの薬膳情報とレシピをお届けします。

11月2日(火)の配信予定です。

 

ポイントがもらえるクイズ

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。