まめ得のタネ

「山茶花」は何と読む?難読漢字クイズ|美しい日本語 (15)

出典:筆者作成

 

山々や公園、街路を色鮮やかに染め上げた紅葉が落葉し、寒々しさを感じる冬になりました。花の少ない冬に咲く白や淡紅色のこの花は、色彩の少ない冬景色にアクセントを添え、目を楽しませてくれます。

椿に似た花といえばピンと来るでしょうか。山の茶の花。山茶花を何と読むでしょうか。

 

 

難読漢字クイズ「山茶花」の答えはこちら。読めましたか?

 

 

山茶花(さざんか)と読みます。

ツバキ科の常緑中高木で、晩秋から冬にかけて白色・淡紅々・赤色などの五弁の花を咲かせます。椿に似ていますが、花冠全体がポトリと落ちる椿と異なって、花弁が一片ずつ散り落ちるのが山茶花の特徴だそうです。

厳しい寒気に負けずに花を咲かせるところから、花言葉は「困難に打ち克つ」「ひたむきさ」「謙虚」など。

ところで山茶花といえば、童謡の「たきび」を思い出しませんか。「さざんか さざんか さいたみち たきびだ たきびだ おちばたき あたろうか あたろうよ しもやけ おててがもうかゆい〜♪」。子供の頃の懐かしい思い出が浮かんできます。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。