まめ得のタネ

「爽籟」は何と読む?難読漢字|美しい日本語 (8)

出典:筆者作成

 

爽やかな秋の休日は自然に身をおいて、秋の空気を肺にいっぱい吸い込みたくなります。一年でもっとも色鮮やかな季節。耳を澄ませば秋風に乗って、自然が奏でるいろいろな音が聞こえてきます。爽やかな籟。何と読むでしょうか。

 

 

 


「爽籟」は何と読む?難読漢字の答えはこちら。読めましたか?

 

 

爽籟(そうらい)と読みます。

秋風の爽やかな響きのこと。籟(らい)は、響きや声、音を意味します。もともとは、穴が3つある笛のことを籟といい、そこから転じて、風があたって発する響きのことをいうようになったそうです。秋の季語です。

 

ちなみに、松籟(しょうらい)は風に吹かれて松の梢が立てる笛のような音。万籟(ばんらい)とは風が岩穴や樹木など大自然の万物を吹いて立てる音のこと。週末は、秋風の奏でる自然の響きに耳を澄ませてみましょう。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。