まめ得のタネ

「一雨一度」は何と読む?難読漢字|美しい日本語 (6)

出典:筆者作成

 

冬から春に向かう季節には、三寒四温という言葉をよく耳にします。三日寒い日が続いたあと四日温かい日があり、その繰り返しで少しずつ春めいていくという、日本の気候の変化をうまく表した言葉です。では、秋が深まっていくこの季節の気温の変化を、どのように言うのでしょうか。三温四寒とは言いません。気温の下がり方が異なるからでしょうか。

「一雨一度」という言葉に出会いました。何と読むでしょうか。

 

 

「一雨一度」は何と読む?難読漢字の答えはこちら。読めましたか?

 

 

一雨一度(ひとあめいちど)と読みます。

 

一雨降るごとに気温が一度下がって、秋は深まり冬に向かう。月に数回の低気圧が通過し、そのたびに雨が降り、気温が少しずつ下がっていくさまを表した言葉です。

難読漢字とは言えないかもしれませんが、日本の気候風土を表した言葉として覚えておいても良さそうです。

 

今年は例年に比べ、秋の深まりを早く感じます。一雨一度、寒くなってきます。体調をくずさぬように暮らしたいですね。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。