まめ得のタネ

余ったハーブは捨てずに、冷凍ハーブオイルにするのがオススメ!

出典:photoAC

 

料理のアクセントになってくれるハーブ。いちまい入れるだけで、彩りや味をより一層引き立ててくれるため、日常的に使っている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、自宅で栽培している場合は問題ありませんが、市販品を買うと困るのが、高い確率でダメにしてしまうこと。実際、料理に使う場合は少量しか使用しない場合が多いのに、市販品には結構な量が入っているため、余らせてしまうんですよね。

 

冷蔵庫に入れておいても、時間が経つと萎びてしまうし、結局捨ててしまっている…そんなことを繰り返している方にぜひ知ってもらいたい裏技をご紹介いたします。

 

 

食用ハーブオイルとは

 

出典:photoAC

 

時間が経ってハーブが痛むのであれば、痛む前に摘んでその状態のまま保存すれば良い。そんな発想から生まれたのが、食用ハーブオイルです。

 

今回ご紹介するハーブオイルは、オリーブオイルとハーブを一緒に冷凍庫で固めてしまうというもの。冷凍庫に保存しておけば、使いたい時に常温に戻して使えば良いので捨ててしまう心配がなくなります。

 

 

冷凍ハーブオイルの作り方

 

今回はシンプルな宅配ピザをより美味しく味わうために、ピザと相性の良いハーブオイルを作ってみることに。家族や友人が集まった時に、ワンランク上のもてなしになりますよ。

 

<材料>

 

・製氷皿

・オリーブオイル

・ハーブ:スイートバジル 適量

     イタリアンパセリ 適量

     ルッコラ 適量

・ニンニク 製氷皿の各穴に12かけらずつ

 

出典:筆者にて撮影(ピザがさらに美味しくなるハーブの組み合わせ)

 

<作り方>

 

①ニンニクを輪切りにして炒める

②それぞれのハーブを細かく刻む

 

出典:筆者にて撮影(製氷皿のブロックの大きさに合わせて切ること)

 

③製氷皿の各ブロックにニンニクとハーブを適量ずつ入れる。

 

出典:筆者にて撮影(鮮やかな緑色が食欲をそそる)

 

④その上からオリーブオイルを注ぐ

 

出典:筆者にて撮影(エキストラバージンオイルかピュアオイルかはお好みで)

 

⑤冷凍庫で凍らせ、使用する1020分前に必要な分のみ取り出す。

 

出典:筆者にて撮影(製氷皿を使えば、使いたい分だけ取り出すことができる)

 

出典:筆者にて撮影(今回は1枚のピザに2個の食用ハーブオイルを使用。見た目はまるでバター)

 

出典:筆者にて撮影(室温25度の中、約10分で元の状態に)

 

⑥ピザにかけたら完成。

 

出典:筆者にて撮影(それぞれのハーブが香る美味しいピザに大変身)

 

 

まとめ

 

ハーブの組み合わせには特に決まりがないため、好みのもの同士を合わせてみたり、1種類のハーブで作ったりとレシピは無限大。ぜひ自分のオリジナル冷凍ハーブオイルを作ってみてください。

 

なお、冷凍したからといっても賞味期限もありますので、できるかぎり早めに使い切るようにしましょう。

 

 

が貯まります

新着記事

もっと見る


認証確認中
しばらくおまちください。