まめ得のタネ

歯科医が教える! (2)50代からの歯ブラシ選びと歯磨き方法

出典:photoAC

 

年齢を重ねても歯の数を保つことは、食事が楽しめることに加えて、さまざまな病気の予防にも繋がり健康寿命を延ばすことになります。しかし、40代以降になると歯周病などで歯を失う人が増えてしまうのも事実です。加齢とともに変化する口内環境に合わせて、使う歯ブラシや歯磨き方法を見直すことも必要ではないでしょうか。そこで、歯科医の廣井久美さんに50歳代からの歯ブラシ選びと歯磨き方法について伺いました。

 

 

まず、虫歯と歯周病、どちらになりやすいかを知ろう!

 

出典:photoAC

 

歯ブラシには形や毛先の硬さなどが異なる多くの種類があります。また、高齢になると口の中の環境が変化したり、手指の機能も衰えつつありますが、まめ得読者にはどのような歯ブラシがおすすめでしょうか?

 

「まず、歯ブラシ選びの前に自分のお口の中のことを知ることが大切です。虫歯と歯周病の要因ですが、これは同じと思っている方もいますが違います。どちらもプラークの中に潜む細菌が要因になる点は同じですが、細菌の種類は別物なのです。虫歯の細菌は空気があっても繁殖でき、歯周病菌は空気を嫌います。そのため、歯周病菌は歯と歯茎の比較的密閉された場所に繁殖するといわれています。両方の細菌が多く共存することは少なく、大体の方はどちらかのタイプに分かれます。『位相差顕微鏡検査』を行なっている歯医者で検査をすれば、どちらの菌が多く存在しているかわかります。そのうえで、歯ブラシや歯磨き粉を選ぶようにしましょう」(廣井久美先生・以下同)

 

 

歯ブラシに加え、歯の5面を磨けるアイテムも必須

 

出典:photoAC

 

「歯ブラシ選びですが、基本的にはお好みでいいと思います。ただ、皆さん嚼む面はよく磨けているのですが、歯にはそのほかにも頬側・舌側・隣接面があり、最低でも5面をきちんと磨く必要があります。隣接面は歯ブラシが入らないのでフロスを使いましょう。

 

さらに、50代に入ると咬耗(こうもう)といって歯が削れてくるのに加え、歯茎が下がるため以前よりも歯と歯の間に物が詰まりやすくなります。これは加齢変化なので仕方ないのですが、それに合わせて歯間ブラシを使うことも最低限必要です。歯間ブラシをうまく入れてないという声も聞きますが、サイズが合っていないのか、入れる方向がよくないのか、といった問題だと思いますので歯科衛生士さんに相談してみてください」

 

 

歯磨きを「している」と「できている」は違います!

 

出典:photoAC

 

「歯磨きの方法ですが、みなさん“歯磨きはちゃんとしている”とおっしゃるのですが、”している”と“できている”は違うんですよね。毎食後、ちゃんと歯を磨いていても、正しく磨けていなければしていないのと一緒です」

 

出典:illustAC

 

「プラーク(歯垢)を染め出すための染め出し剤が市販されていますので、小学生に戻ったつもりで染め出しをしてみてください。染め出しをすると付着しているプラークがはっきりと確認できます。染め出された箇所は、磨き残している箇所であり、いつも同じ箇所が染まるようであれば普段の磨き方を改善する必要があります。右利き、左利きといった利き腕によっても磨き上がりに偏りが出てきますので、そういった点も染め出しすることで確認できます」

 

 

神経がない歯は年々モロくなるので力加減に要注意!

 

出典:photoAC

 

汚れをしっかり落とすためには、やはり力を入れて磨いた方がいいのでしょうか?

 

「神経がない歯は年々モロくなっているので注意が必要です。痛みがなくても、割れたりポッキリ折れたりすることもあるので、常に状態をチェックしておきましょう。さらにそれがブリッジだったりしたら、何も症状はないとしても年数が経っていたら1度やり直した方がいいと思います。歯ブラシの硬さは色々ありますが、それもその人に合った物があるので衛生士さんに相談しましょう。また、歯磨きをするときは“圧”が重要です。強い圧で磨くと歯や歯肉を傷つけることもありますので注意しましょう」

 

 

治療のときに、保険ではなく実費のものにしていたら、定期的なやり直しは不要そうですが……。

 

「いえ、実費のものでも保険内のものでも同様です。よく患者さんにお話しするのですが、車に置き変えて考えてみてください。どんな高級車でも手入れは他の車同様に必要ですよね? 高いものを買ったから何もしなくいいではなく、歯も同じことなのです。定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしてください」

 

 

(先生のプロフィール)

 

廣井久美先生/奥羽大学歯学部卒業。歯科医師。都内の歯科医院勤務。

が貯まります

新着記事

もっと見る


認証確認中
しばらくおまちください。