お買物探偵団調査報告一覧

胃痛その2 症状別マイ胃薬食材で、つらい胃痛を改善 ~「ストレス胃痛」「冷えによる胃痛」編~

出典:筆者にて撮影(しいたけとマッシュルームの梅あえ)

 

前回に引き続き「胃痛対策」についてご紹介します。

 

胃痛は比較的、薬膳で改善しやすいジャンル。なんだか胃の調子がおかしいと思ったら、すぐに対処することで、改善をはかることができます。ただし症状によって対策が異なるため、症状を見極めて食材を選ぶことが大切です。

 

胃痛はおもに「食べ過ぎ胃痛」「胃の乾燥による胃痛」「ストレス胃痛」「冷えによる胃痛」の4つに分かれます。

 

今回は、「ストレス胃痛」「冷えによる胃痛」について説明します。

 

 

気の巡りが悪くなることで痛む「ストレス胃痛」はしいたけや梅干しでやわらげる

 

出典:photoAC

 

ストレスによって気の巡りが悪くなることで起こる胃痛。食後に痛みがひどくなり、胃のあたりが張って痛む、ゲップがよく出る、胃からすっぱい水があがったりするのが大きな特徴です。また下痢、腹痛といった不調もみられます。

 

出典:photoAC

 

改善に、おすすめなのが梅干し。気の流れをつかさどる肝の働きをよくするとともに、胃の働きを高めて痛みを改善します。食欲不振や吐き気、胃もたれにもよく、そして下痢の改善と胃や腸のトラブルにパワフルな威力を発揮してくれます。

 

しいたけ、マッシュルームも気の巡りを改善して、胃の消化能力をアップするのに役立ちます。

 

さらに、青じそやハーブ類をプラスするとさらに気の流れがスムーズになり効果的です。

 

出典:photoAC

 

またストレス胃痛にとてもおすすめなのが、中華食材コーナーにある「陳皮」。みかんの皮を干したもので、生薬としても使われています。ストレスに効果が高くイライラを解消し、胃の働きを活発にして消化吸収を促進します。熱湯に入れてお茶として飲んだり、水で戻してサラダなどのトッピングにしたり、炒めものに加えるなどして使います。症状がひどい人はぜひ、お試しを。

 

 

「ストレス胃痛」におすすめの薬膳レシピ

 

出典:筆者にて撮影(しいたけとマッシュルームの梅あえ)

 

★しいたけとマッシュルームの梅あえ

気の巡りをよくして、胃の痛みをやわらげるしいたけ、マッシュルーム、梅干し、青じそを組み合わせたレシピ。梅干しと青じそのさわやかな風味、オリーブオイルのまろやかさで、白ワインのおつまみにもぴったりです。

 

【材料】2人分

生しいたけ 5

マッシュルーム 5

青じそ 8

梅干し 1個 

めんつゆ(ストレート) 大さじ1

オリーブオイル 大さじ1

酒 小さじ1

塩 少々

 

【作り方】

①しいたけは軸をとって薄切り、マッシュルームも薄切りにする。青じそは千切りにする。

②梅干しは種をとり、果肉を包丁でたたいて、めんつゆ、オリーブオイルと混ぜ合わせる。

③耐熱皿にしいたけ、マッシュルームを入れて酒、塩をふってラップをかけて、レンジで2分加熱したら②で和える。

 

 

生ものや冷たいものの過剰摂取が引き起こす「冷えによる胃痛」はサケやしょうがで温めて改善

 

出典:photoAC

 

胃が冷えることによって起きる胃痛。生ものや、冷たいものの取り過ぎ、冷房の効いた部屋に長時間いた、といった場合に引き起こしがちです。

 

もともと消化をつかさどる「脾」の働きが弱い人に多い胃痛で、冷えると痛み、ふだんからお腹がすくと胃が痛くなり、食べるとラクになるという傾向があります。またむくみがある、舌のふちにギザギザした歯の跡があるといった特徴も。

 

対策としてはとにかく、胃を温めるものを取り入れることがポイント。

 

出典:photoAC

 

おすすめは胃を温めて、消化機能を促進するサケ。冷え胃痛の改善に役立つうれしいシーフードです。またしょうが、にんにくも胃を温めて、消化を促してくれる心強い食材。

 

組み合わせとしておすすめなのが、キャベツ。胃の不調に優れた作用があり、胃痛には欠かせない野菜。胃のシクシクした痛みや上腹部の膨満感、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の改善にも役立ちます。

 

出典:photoAC

 

また、手軽に使えるのがスパイス類。山椒は脾や胃の代謝機能を高めて、冷えによる胃痛、下痢の改善におすすめ。中華食材・花椒であれば、さらに温める効果が高まります。

 

そのほか、八角、クローブ、フェンネルも、冷え胃痛を解消する効果絶大なスパイス。焼酎お湯割りに入れて、薬酒として適量を飲むと効果的です。

 

 

「冷えによる胃痛」におすすめの薬膳レシピ

 

出典:筆者にて撮影(サケとキャベツのしょうが煮)

 

★サケとキャベツのしょうが煮

冷えた胃を温めるサケとしょうが、胃の不調改善に欠かせないキャベツを組み合わせたレシピ。サケの旨みがしみこんだキャベツが絶品です。

 

【材料】2人分

サケ缶  1缶(90g

キャベツ 3

しょうが 1かけ

A(しょうゆ・みりん・酒 各大さじ1)

水    1カップ

 

【作り方】

①キャベツは大きめにちぎる。しょうがは皮をむき、一枚スライスして千切りに、残りをみじん切りにする。

②鍋にキャベツ、サケ缶を汁ごと入れ、みじん切りにしたしょうが、A、水1カップを加えて熱する。煮立ったら火を弱めて10分煮る。

③②を器に盛り千切りにしたしょうがをのせる。

 

 

次回は、「やる気アップ」におすすめの薬膳情報とレシピをお届けします。

11月16日(火)の配信予定です

 

ポイントがもらえるクイズ

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。