まめ得のタネ

高知の足摺岬にある銅像は誰の銅像か知ってる?|旅する雑学(1)

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

(四国最南端の足摺岬で水平線の大パノラマを楽しみたいですね)

 

南国土佐高知。プロ野球球団やJリーグチームのキャンプ地になるなど、温暖な気候が特徴的で、太平洋に面して海岸線が長く伸びています。

 

高知の太平洋に面した景勝地には3人の幕末の偉人の銅像が建てられ、3人とも夢を追うかのように遠くの大海原を見つめているのが印象的です。

 

その3人とは桂浜の坂本龍馬、室戸岬の中岡慎太郎、そしてもうひとり、足摺岬には誰の銅像が立っているかご存知ですか?

 

 

 

旅する雑学「足摺岬の銅像は誰?」の答えはこちら。わかりましたか?

 

出典:photoAC 

(足摺岬の銅像はジョン万次郎でした)

 

正解は、「ジョン万次郎」でした。

 

貧しい漁師の家に生まれたジョン万次郎は、14歳のとき炊事係として乗り組んでいた漁船が遭難し、奇跡的にアメリカの捕鯨船に救助されました。万次郎の才気ぶりを気に入った捕鯨船の船長の計らいで、そのままアメリカに連れて帰られた万次郎は、英語や当時世界最新の造船技術を学び、11年ぶりに日本に帰国してからは、教壇に立って薩摩藩や土佐藩の幕末の志士たちに多大な影響を与えました。足摺岬から彼が見つめている先には、第二の母国アメリカがあります。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。