まめ得のタネ

ナッツの正しい食べ方とその効果効能について

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

お菓子やおつまみとして食べられることの多い食材ナッツ。

 

最近では、低糖質生活をしている人たちからも、糖質が低く、腹持ちが良いということで人気爆発。ロカボマーク付きの商品が出てくるほど盛り上がっています。

 

そんなナッツですが、カロリーや1日あたりの摂取量などについて細かい注意事項があると言われています。実際のところ、どれくらいが適正量なのかご存知ですか?

 

また、それぞれのナッツにはどのような栄養素が入っているのでしょうか。

 

今回はそうした情報についてご紹介します。

 

 

ナッツの嬉しい栄養ポイント。でも食べ過ぎ注意

 

ナッツは美容や健康に良いとされる栄養素が豊富に含まれている食材です。それぞれのナッツによって数値は異なりますが、主な栄養素として、コレステロール値を下げるとされる不飽和脂肪酸や、便通改善に役立つ食物繊維、各種ビタミンやミネラルが含まれています。そのため、美容や健康のためにもぜひ摂取してみてください。

 

出典:photoAC

 

ただカロリーが高いと言われているだけあって、過剰な摂取はよくありません。それぞれによって異なりますが、150キロカロリーを目安として食べるようにしてください。

 

ちなみに、ミックスナッツの場合は、片手を目安にすると良いでしょう。

 

出典:photoAC

 

 

ナッツの種類と栄養。適量はどのくらい?

 

主に食されるナッツには、以下のようなものがあります。

 

・アーモンド

 

定番のナッツといったらコレ。世界でもっとも生産量や消費量が多い、キングオブナッツです。ビタミンEが豊富なのでアンチエイジングに効果的。1日の摂取量は25粒までを目安に食べてください。

 

出典:photoAC

 

 

・カシューナッツ

 

甘みのあるナッツで、料理にも合わせやすい人気のナッツ。主な栄養素はビタミンB1で、糖質の代謝に役立ってくれます。1日の摂取量は18粒までを目安に食べてください。鶏肉との炒め物が有名ですね。

 

出典:photoAC

 

 

・くるみ

 

人類が食用にした最初のナッツと言われています。主な栄養素はオメガ3脂肪酸で、血圧を下げたり、血栓予防に効果があると言われています。1日の摂取量は10粒までを目安に食べてください。デザートとの相性は抜群です。

 

出典:photoAC

 

 

・マカダミアナッツ

 

ハワイ土産でお馴染みのマカダミアナッツ。美肌効果のパルミトレイン酸が豊富です。1日の摂取量は10粒までを目安に食べてください。

 

出典:photoAC

 

 

・ピスタチオ

 

最近大人気のピスタチオ。血圧を正常に保つ効果があるカリウムが含まれています。1日の摂取量は35粒までを目安に食べてください。

 

出典:photoAC

 

 

・ピーナッツ

 

実は豆類の一種で、ナッツの仲間ではないピーナッツ。タンパク質が豊富に含まれています。1日の摂取量は25粒までを目安に食べてください。

 

出典:photoAC

 

 

まとめ

 

いつも食べているナッツ類ですが、味で選ぶのではなく、含まれている栄養素によって食べ分けるのも良いかもしれません。

 

次回購入するときは、ぜひその辺りを意識してみてはいかがでしょうか。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。