まめ得のタネ

オレンジやみかんの皮、捨てないで!掃除に使いましょう。

出典:筆者にて撮影(オレンジ)

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

1年を通して、スーパーなどで手に入る「柑橘系フルーツ」。

その中でもオレンジは、価格が安定していて安くて美味しく、年間を通じて手に入りやすいので、買い物で欠かさず購入するという方も多いと思います。

 

ところで、食べた後の皮、そのまま捨ててしまっていませんか?

それは、もったいないです。柑橘系フルーツの皮は、お掃除にもってこいなのです。

 

そこで今回は、オレンジやみかんの皮を使った、まめ得!掃除術をご紹介します。

オレンジ(柑橘類)の皮には強い洗浄力がある

 

写真:筆者にて撮影(オレンジ)

 

オレンジの皮を剥いていると、爽やかな香りとともに、手に油のようなベタつくものがつきませんか?

それは、「リモネン」という成分で、汚れ落としに役立つ性質を持っています。

市販の洗剤などにも含まれている、その洗浄力に期待できる成分なのです。

 

電子レンジの記事ではレモンを使って綺麗にしました。

キッチンは、いつもピカピカに

 

写真:筆者にて撮影(蛇口をオレンジの皮の内側でこする)

 

食べ終わった皮を捨てる前に、シンクや蛇口を磨いてから捨てましょう。

皮の内側の白い部分で磨くことで、油汚れや水アカがスッキリ落ち、コーティング作用もあるため、ピカピカの輝きが持続します。

 

他にも、キッチンまわりの様々なお掃除にも活用できます。

 

・魚焼きグリル・・・受け皿にお湯を張って、オレンジ1個分の皮をちぎって浮かべておくだけで、汚れも臭いもとれます。

 

・電子レンジ・・・オレンジ1個分の皮を電子レンジに入れ、600wで12分加熱すると、嫌な臭いがなくなります。温まった皮でそのまま庫内をこすり、最後に拭き上げれば、頑固な汚れも取れます。

洗剤いらずで、環境にも優しい天然の洗剤

 

写真:筆者にて撮影(オレンジでつくった洗剤)

 

「みかん水」が万能お掃除グッズに!

 

作り方はとても簡単。

 

400ccにみかんの皮4個分をちぎって、鍋で15分ほど煮出します。冷めたらザルで濾して、スプレー容器に移し替えるだけ。保存期間は2週間が目安です。(オレンジでも代用可能です)

 

キッチンまわりの掃除にはもちろん、お風呂の浴槽の湯垢落とし、フローリングや革製品の艶出しに。畳の黄ばみ落としなど、洗剤が使えないような場所にも使える天然素材の洗剤になります。

 

みかん水の作り方をマスターしておけば、これ1本で家中ピカピカ。いろんな洗剤を買わなくてすむので、家計にも優しいです。

皮は乾燥して保存しておけば、必要なときにみかん水作りに使用できます。

まとめ

 

今回はオレンジとみかんの皮を例に上げましたが、柑橘系フルーツであれば、レモンの皮でもOKです。柑橘系フルーツのほとんどの皮は、洗剤の代用として利用可能ですよ。捨ててしまう皮を使って、毎日のお掃除をササッと済ませる、まめ得ワザの紹介でした。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。