まめ得のタネ

アポロチョコをもとに誕生したチョコとは? |お買い物トリビア(33)

出典:photoAC(アポロ宇宙船に似てる?)

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

アポロチョコレートが発売されたのは1969年です。その年、アメリカの宇宙船「アポロ11号」による月面着陸がかなり話題になっています。その恩恵を受けるカタチで、宇宙船のような形をしたアポロチョコレートが誕生しています。

 

その際、チョコレートに何かもうひとつ新しいおいしさをドッキングしたいと考えて、最終的にドッキングさせたのがストロベリークリーム。

 

今でも、コラボ商品などが発売されるロングセラーチョコに成長しています。では、このアポロチョコの成功に続いて発売されたチョコがあるのをご存知ですか。アポロのカタチからなんとなく想像ができるかもしれません。

 

 

お買い物トリビア「アポロチョコをもとに誕生したチョコとは?」の答えはこちら。わかりましたか?

 

出典:photoAC(アポロチョコに似てるかな?)

 

正解は、「きのこの山」です。

 

アポロのカタチを見てみると、何かのチョコ菓子に見えてきませんか?今は国民的チョコ菓子といわれている「きのこの山」です。このきのこの山のデザインは、アポロが元になっています。確かに、アポロにビスケットをドッキングさせると、きのこの山に見えてきますよね。

 

アポロ発売から5年後にきのこの山が発売されていますが、そのルーツはアポロの生産機械をもっと活用したいという思いからだといいます。もっといろいろなカタチができないかと、工夫を重ねて作られたのがきのこの山です。

 

生産性を考えなければ生き残れないお菓子業界ですし、高価な機械も稼働させるワケですから、あの手この手で試行錯誤しながら生み出されたのでしょう。

「アポロ」と「きのこの山」は、兄弟や姉妹といっても良い関係なんですね。

 

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。