まめ得のタネ

気になるシミを内からケア。シミ予防におすすめの食べ物・飲み物

出典:shutterstock

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

40歳を過ぎたあたりから男女問わず増えてくるのが顔のシミです。鏡を見るとガッカリしますが、一度できてしまったシミも一生消えないわけではなく、肌の代謝によって体外に排出されるものもあります。今回は年齢とともに低下した代謝を上げるためにおすすめの食べ物や飲み物を紹介しましょう。スキンケアも大切ですが体の内からできるシミ予防も心がけてください。

 

 

シミケアにおすすめの食べ物

 

シミの対策には美白化粧品やUVアイテムもありますが、外側からの対策ではシミの原因物質まで取り除くことはできません。肌をよい環境に整えるためにも体の内側からのケアも重要です。さっそく食事で取り入れたい栄養素をご紹介します。

 

ビタミンA

 

出典:shutterstock

 

抗酸化ビタミンであるビタミンAは、紫外線からのダメージで損傷した細胞のDNAに働きかけます。また、肌のターンオーバーを整えることでシミを体外へと押し出してもくれます。ビタミンAはかぼちゃやトマトなどの野菜類に多く含まれています。

 

 

・ビタミンC

 

出典:shutterstock

 

ビタミンCにはシミのもととなるメラニンの生成を抑えるだけでなく、酸化した黒色メラニン色素の還元作用などの働きもあります。シミを完全に無くすことはできませんが、薄くする効果が期待されています。ビタミンCが多く含まれる食べ物には、レモン・イチゴ・キウイなどの果物類や、ブロッコリー・ほうれん草などの野菜類が挙げられます。

 

ビタミンCは水溶性で水に溶け出してしまうため、生で食べる際はササッと素早く洗って食べましょう。加熱調理するときはスープや煮汁などに栄養が溶け出しているので捨てずに一緒に食べるのがおすすめ。ただし、オレンジやグレープフルーツなどには、紫外線の吸収を高める成分“ソラレン”が含まれているため、過度な摂取には注意してください。

 

 

L-システイン

 

出典:shutterstock

 

L-システインはアミノ酸の一種で、体の内側から代謝を促して肌のターンオーバーを整えます。紫外線を浴びることで生じた活性酸素は、増えすぎると細胞にダメージを与え、シミなどの肌トラブルを引き起こします。L-システインにはその活性酸素を除去する働きがあるのです。また、シミのもとであるメラニン色素には濃いものと薄いものがあるのですが、L-システインは濃い色素を薄い色素にするという嬉しい働きも。

 

L-システインを多く含む食品は、かつお節や牛乳、牛肉などです。L-システインは体内でも作られますが、加齢とともに量が減ってしまうもの。ぜひ食事から摂取するようにしましょう。

 

 

シミケアにおすすめの飲み物

 

・豆乳

 

出典:shutterstock

 

大豆からの栄養素であるイソフラボンを効率よく摂取できる豆乳。イソフラボンには肌の新陳代謝を促進し、老化を防いでハリやツヤを保つ作用があります。また、ハリをもたらすコラーゲンの生成を促す働きもあります。

 

 

・緑茶

 

出典:shutterstock

 

緑茶にはポリフェノールの一種であるカテキンが含まれます。カテキンには紫外線による細胞の酸化を防いで美白を維持し、日焼けによる炎症からの回復を早める作用があります。抗酸化作用も高いので、飲む美肌ケアとして食事のときに一緒に飲むように習慣づけるとよいでしょう。

 

出典:shutterstock

 

3月からはグッと紫外線が強くなります。日焼け止めなどできちんと予防をしていてもシミはできやすくなります。対策として体の外側からはもちろん、内側からの対策として食生活も意識することが大切です。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。