まめ得のタネ

オリーブと豚ひき肉のイタリア風揚げ物。おつまみ、お弁当にもおすすめの料理の作り方

出典:筆者にて撮影(オリーブと豚ひき肉のイタリア風揚げ物)

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

料理のために買った食材の残りが使えなくて、結局は捨ててしまうというお話をお聞きします。

 

オリーブもそのひとつ。おつまみやサラダに使って、残りはどうしようか?次回は、どんな料理に使おうか?と考えているうちに、そのまま残ってしまったという経験のある方が大勢いらっしゃるようです。

 

そんなオリーブを使って、手軽においしく楽しめる一品「オリーブと豚ひき肉のイタリア風揚げ物」をご提案させていただきます。

 

イタリア料理でもこの様な料理はあります。マルケ州アスコリ地方の郷土料理「アスコラーナ」。今回はアスコラーナをオマージュしたご家庭でも簡単にできるお料理をご紹介致します。

 

おつまみに、お弁当に、おもてなしのオードブルとしても大活躍!

 

おつまみとしても献立の一品としてもおすすめしますが、冷めてもおいしく食べられるので、お弁当のおかずとしてもよいと思います。

 

塩分を気にする方にも、お塩は一切使用せずひき肉とパルメザンチーズ(市販の粉チーズ)で美味しく仕上がり、オリーブの味も楽しめますので、素材だけの味で塩味も感じられる一品となります。

 

ビールやワイン(ワインは白、赤問わずどちらにも)などにも合いますので、おもてなし料理にもおすすめです。お客様にお出しする際にはピックに刺してお出しするとお洒落なオードブルの一品となります。

 

オリーブと豚ひき肉のイタリア風揚げ物の作り方

 

出典:筆者にて撮影(材料はこれだけ)

 

【材料】2人分

オリーブ(種なし) 8

豚ひき肉 120

パルメザンチーズ(粉チーズ) 12g

 

小麦粉

たまご

パン粉

揚げ油

 

【作り方】

①豚ひき肉にパルメザンチーズを混ぜ合わせる

 

出典:筆者にて撮影(豚ひき肉とパルメザンチーズ)

 

②混ぜたひき肉を8等分に分ける

 

出典:筆者にて撮影(ひとつ分はこのくらい)

 

8等分にしたひき肉の中にオリーブを入れ、丸める

 

<ポイント>割れ目の無いようキッチリと丸めるのがコツ。油で揚げた時にヒビがあるとお肉が縮むことから中からオリーブが出てきてしまいます。

 

出典:筆者にて撮影(きれいに丸めましょう)

 

④溶き卵を付け 小麦粉 パン粉の順に付ける

 

出典:筆者にて撮影(揚げる準備が整いました)

 

⑤鍋に油を入れ180度になったら④を入れ、きつね色になるまで揚げる。一気に全部いれてしまうと温度が急激に下がりますので、少しずつ入れてください。揚げ油はオリーブ油や米油を使用するとすっきりとした仕上がりになります。

 

出典:筆者にて撮影(きつね色に揚げるのがポイント)

 

⑥完成

 

出典:筆者にて撮影(きれいに揚がりました)

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。