まめ得のタネ

首のシワやたるみを隠すファッションや服装のコツ。ストールやマフラーの巻き方

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

年齢を重ねると首元のシワやたるみ、くすみが気になる女性が増えてきますよね。そこで役立つのファッションアイテムがストールやマフラーです。さっと巻くだけで首元のシワや年齢を隠せる巻き方のバリエーションをご紹介します。

 

出典:photoAC(首のシワやたるみを隠すファッションに使えるストール・マフラー)

 

首元に巻くだけでシワやたるみを隠せるだけでなく、顔色を明るく見せたり、いつものトップスが一気に華やぐストールやマフラー。まめ得世代の女性にとって頼もしいアイテムなので、ぜひ数枚揃えておくと良いでしょう。

 

知っておくと便利!首のシワやたるみを隠すストールやマフラーの巻き方

 

同じストールやマフラーでも巻き方を変えるだけで違った表情になります。簡単にできる巻き方をご紹介しますので、ぜひ覚えておいてください。

 

出典:illustAC

 

ワンループ巻き

ストールやマフラーの巻き方の中でも比較的簡単で、短いものでもできる巻き方です。まず、ストールやマフラーの横幅を数回折りたたんで細くします。半分に折り、首に巻いて輪の部分に手をさし込みます。輪の部分に、もう一方のマフラーの先をさし込めば完成です。

 

エディター巻き

生地の見える部分が多いので、使うストールやマフラーの色や柄によっては華の出せる巻き方です。ストールを軽く首にかけて、片方がやや長くなるようにします。長いほうを首に1周巻きつけます。首周りを両手でつまんで少し緩めると小洒落た雰囲気になりますよ。

 

ニューヨーク巻き

胸前部分にボリュームが出る巻き方です。まず、片方が倍くらいの長さになるように首にかけます。長い方を首に1周巻きつけ、両方の端を持ち胸の前でひと結びします。結び目を整えたら出来上がり。

 

ストールやマフラー選びのポイント

 

出典:shutterstock

 

ストールやマフラーは首もとの悩みを隠してくれるうえに、コーディネートのアクセント的役割もしてくれます。服装をシンプルにした方が、よりストールのアクセント効果が高まり、全体のバランスが良くなります。服の色や柄が派手めだとストールを合わせるのが難しくなってしまうので気をつけて。オシャレが得意じゃない方は無地のストールを数枚持っておくと良いでしょう。

 

また、取り入れる色と比率を守ることも大切。全身のスタイリングにおいて使う色を3色までにすると、まとまりが良くなります。比率は、全体の面積の半分以上を占める色=ベースカラーと考えます。次にアソートカラーと呼ばれる2番目に面積を占めるカラーを約3~4割に。そしてアクセントカラーを全体の1割程度にします。ストールやマフラー、靴や帽子といった小物がこの部分にあたります。この黄金の配色比率を守れば、全体のコーディネートがバランスのよいものになるといわれています。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。