まめ得のタネ

加齢とともに濃くなるシミ “老人性色素斑”の原因と対処法

出典:shutterstock

 

シミにもさまざまな種類がありますが、老人性色素斑という種類をご存知でしょうか? その名の通り、年齢を重ねるにつれ発生しやすくなる皮膚の色素沈着です。加齢とともに色みが濃くなり、肌との境界線もくっきり目立つようになります。この記事では、男女問わず現れる老人性色素斑の対処法をご紹介します。

 

“老人性色素斑”とは?

 

出典:shutterstock

 

“老人性色素斑”とは円形や楕円形のシミで、ごく小さなものから数cmに至るものまであり、一般的に顔のあちこちに点在します。早い方だと、なんと20代から、通常でも30代頃から気になり始める傾向があります。

 

老人性色素斑の主な原因

 

出典:illustAC

 

“老人性色素斑”は“日光性黒子”とも呼ばれ、日光に含まれる紫外線が主な原因です。紫外線は皮膚にある色素細胞のメラノサイトを刺激し、メラニンという色素の産生を促します。メラニン色素は黒色のものなので、皮膚で産生されると黒くなりシミとなってしまうのです。メラノサイトで産生されたメラニン色素は色素沈着を起こしますが、肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって角質が剥がれるとメラニン色素も一緒に除去されるのが一般的。

 

しかし、加齢とともに肌の新陳代謝が低下すると色素が長期間沈着してしまいます。“老人性色素斑”が加齢とともに濃く&はっきりとしたシミになるのはこの肌代謝の機能低下が主な原因です。ほかにも過度のストレスや睡眠不足といった生活習慣の乱れも影響します。また、ビタミンC不足などもメラニン色素が増える要因となります。

 

“老人性色素斑”の解決方法

 

出典:shutterstock

 

“老人性色素斑”に対する市販薬やサプリメントは数多く販売されています。もちろん市販の塗り薬でも改善は見込めます。化粧品や医薬部外品の美白製品にはハイドロキノン、甘草エキス、トラネキサム酸などを配合したものがあり、継続使用をすれば改善が期待できます。ただし、効果はソフトなため即効性はなく、完全になくなるということもありません。“老人性色素斑”が薄い段階で使い始めるのがおすすめです。

 

“老人性色素斑”といっても濃さや大きさなど症状は人それぞれ。市販薬でなかなか改善しない場合は美容皮膚科で相談してみてください。外用薬ではメラニン色素の脱色に重要な役割を果たすビタミンCや、美白作用のあるハイドロキノン、肌の代謝を促進するトレチノインといった成分の薬を処方してくれます。内服薬ではビタミンCやL-システイン、ビタミンB群といった成分の薬を提案してくれるでしょう。

 

また、美容皮膚科でよく用いられているのが治療方法としてレーザーもあります。高出力のレーザーをシミに照射して治療します。レーザーのエネルギーを与えて熱を発生させ、メラニン色素や色素沈着が起きた角質細胞を破壊することにより老人性色素斑を消します。レーザー治療ではQスイッチルビーレーザーやQスイッチアレキサンドライトレーザーというレーザーが使用されることが多く、短い期間で老人性色素斑を消すことができるのが共通する魅力です。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。