まめ得のタネ

インテリアとしてだけじゃない。観葉植物の効果とオススメ4選

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

家の中を素敵な空間に彩ってくれる観葉植物。

 

室内を明るくしてくれるだけでなく、癒しの空間も提供してくれるので、家に置いているだけで気持ちも和やかになりますよね。

 

また、世話をしていくうちに育てる楽しみも芽生えてくるため、ペットのように愛着が湧いてくる人も多いのではないでしょうか。

 

そんな観葉植物には、さまざまな効果があるのをご存知ですか?

 

観葉植物の持つチカラと、簡単に育てられるオススメ植物についてご紹介いたします。

 

観葉植物の効果

 

① 空気をキレイにしてくれる効果

 

観葉植物は、光合成により太陽の光を受け、二酸化炭素を吸収し、酸素を出します。そのとき、実は空気中の有害物質も取り込み、これらを濾過する働きもあると言われています。

 

またマイナスイオンを発生させるチカラもあることから、天然の空気清浄機とも呼ばれているのだとか。

 

出典:photoAC

 

 

② 元気にしてくれる効果

 

観葉植物の緑色は、我々の脳にリラックス効果を生み出すと言われています。確かに、緑がたくさんある山へ行ったときなどは心が癒されますよね。

 

また、緑色は目の疲れを回復してくれるとのことなので、天然の目薬とも言えそうです。

 

出典:photoAC

 

 

③ 乾燥防止効果

 

エアコンを使ったり、冬の時期は、部屋の中がどうしても乾燥しがちになります。喉が痛くなったり、風邪を引きやすくなるのは周知の通りです。

 

そんなとき観葉植物は、根から吸い上げた水分を葉から蒸散し、部屋に保湿をもたらせてくれるとのこと。一部屋にひとつは観葉植物を置いておきたいですね。

 

オススメ観葉植物

 

初心者にも育てやすい観葉植物をピックアップしてみました。

 

<サンスベリア>

一度は見たことがあるであろうサンスベリア。別名トラノオとも呼ばれています。アフリカ原産の観葉植物で乾燥に強く、比較的育てやすい植物としても知られています。マイナスイオンを放出してくれるため、空気清浄力が高いとされているところも人気の秘密です。

 

出典:photoAC

 

 

<モンステラ>

南国の雰囲気が漂うカタチをしたモンステラ。熱帯アメリカが原産で、寒さには弱いものの暑さや暗さにも強いため、家庭で育てるのにはぴったりの植物です。大きく育つと花を咲かせてくれるので、それを楽しみに育てている人も多いのだとか。

 

出典:photoAC

 

 

<ガジュマル>

沖縄では精霊「キジムナー」が宿る木としても知られているガジュマル。

森で育つものは大変迫力がありますが、自宅で育てるサイズのものは、丸い根っこのカタチが愛らしく人気があります。日光を好む傾向があるので、日当たりの良い明るい場所に置いてあげてください。

 

出典:photoAC

 

 

<パキラ>

常緑観葉植物のパキラ。カタチが綺麗なため、インテリアとしての相性が抜群。大変人気があります。小さいサイズから売っていますので、部屋の大きさに合わせて選ぶのがオススメ。育てやすく成長も早いので、育てる楽しみも味わえます。

 

出典:photoAC

 

まとめ

 

そこにあるだけで、部屋の空気だけでなく、室内の雰囲気も変えてしまう観葉植物。

 

それぞれの特徴さえ押さえていれば簡単に育てることができるので、部屋に緑を足したいなと思ったら、ぜひ買ってみてくださいね。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。