まめ得のタネ

老け印象を加速させる「梅干しジワ」の原因と対策

出典:photoAC

 

顔の印象は下半分で決まるといっても過言ではありません。そして、大きく顔の印象を変えてしまうのが「シワ」の存在です。とくに年齢を重ねると目立つようになるのが、顎あたりにできる「梅干しジワ」。いつまでも若々しい表情で過ごすために、この「梅干しジワ」を前向きに改善していきませんか? 気になる梅干しジワの原因と対策をご紹介します。

 

 

「梅干しジワ」は顎にできるシワ

 

出典:shutterstock

 

「梅干しジワ」とは、顎あたりにできる梅干しの表面のようなシワのことです。口元にギュッと力を入れたときに顎の皮膚が集まってできるシワです。

 

出典:shutterstock

 

顔のシワは表情癖によって生じたり、加齢に伴う筋肉の衰えによるものが大半ですが、「梅干しジワ」の原因はそれらとは異なります。「梅干しジワ」にはオトガイ筋という筋が大きく関係しています。

 

出典:illustAC

 

「オトガイ筋」は、下唇のすぐ下から顎の先まで伸びている筋で、下唇を上に引き上げる働きがあります。あごの表面にシワを寄せる筋ということです。

 

例えば、下顎が後退している、前歯が前方へ出ている方は上下の前歯の位置に大きな差がでてしまうので、口を閉じにくい状態です。こうした症状の方が口を閉じようと下唇を持ち上げ続けるときに機能するのがオトガイ筋です。歯並びが悪い方や、口呼吸で常に開口している方も要注意です。

 

 

風船を使って梅干しジワ対策を

 

出典:illustAC

 

重度の症状の場合、根本的な改善には歯の矯正治療やオトガイ筋の収縮を弱めるボトックス注射などが必要になります。ですが、軽度な方でしたら自分でできるケアとして口輪筋を鍛える方法があります。

 

方法は簡単! 市販されている風船を膨らませるだけです。口輪筋は唇周りを覆う筋肉でオトガイ筋の働きを助ける役割を担います。唇と頰の筋肉を使って風船をふくらませ口輪筋を正しく機能させることで、オトガイ筋の働きと梅干しジワの発生を抑えることができるのです。

 

 

うつむいてスマホ操作は要注意

 

出典:illustAC

 

そのほか、梅干しジワ対策で気を付ける点はスマホの操作です。下を向いてスマホを操作する体勢も、口元にも悪影響を及ぼします。長時間うつむいていると口角は下がり、顎下がもたつき梅干しジワを作りやすくすることに。背筋や首筋を伸ばすことも表情の老け見え防止にはとても大事なことなのです。明日からは日々の姿勢にも気を配るようにしましょう。

 

 

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。