まめ得のタネ

塩昆布で作る簡単副菜3選

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

食卓にもう一品欲しい!そんなときにあると便利なのが塩昆布です。火力を使わずに簡単にプラス1品が完成します。食材は、きゅうりやキャベツ、ビーマンなど、おなじみの野菜があれば十分。ほどよい塩加減で、美味しい副菜が出来上がりますよ!

今回は、塩昆布を使ったまめ得副菜3品をお届けします。

 

 

キャベツの浅漬け

 

出典:筆者にて撮影(塩昆布を使ったキャベツの浅漬け)

 

材料(2人前)

 

  • キャベツ 1/4
  • 塩 小さじ1
  • 塩昆布 小さじ3

 

□作り方

 

①キャベツをざく切りにし、塩をふる

 

出典:筆者にて撮影(ざく切りにしたキャベツに塩をふります)

 

②水分が抜けるよう、お皿などで重石をし、10分ほど放置する

 

出典:筆者にて撮影(皿で重石をして、10分程度おきます)

 

③手で水分をしぼる

 

出典:筆者にて撮影(水気を絞ったキャベツ)

 

④塩昆布を和えて完成

 

□塩加減がポイント

 

塩昆布を和える前に、一度、キャベツの塩加減を確認してみましょう。水抜きで使った塩の効き具合によって、塩昆布の量を加減します。塩が効きすぎているときは、一度キャベツを水洗いして余分な塩を落とすことで、美味しいキャベツの浅漬けが出来ますよ!

 

 

ピーマンの塩昆布和え

 

出典:筆者にて撮影(ピーマンの塩昆布和え)

 

材料(2人前)

 

  • ピーマン 45
  • 塩昆布 小さじ2
  • ごま油 小さじ2
  • 煎りごま お好みで

 

出典:筆者にて撮影(千切りにしたピーマン、ごま油、塩昆布)

 

□作り方

 

①ピーマンを縦に千切りにする

 

②ピーマンを耐熱容器に入れ、レンジ(600W)で2分加熱する

 

③②にごま油と塩昆布を和える

 

④皿に盛って、お好みでごまを散らして完成

 

□食感はお好みで調整

 

ピーマンの食感は、レンジの加熱時間によって変わります。2分の設定は、少しだけピーマンの硬さが残る程度です。好みによって加熱時間を調整することで、ピーマンの違った食感を楽しめますよ!

 

 

キュウリとみょうがの塩昆布和え

 

出典:筆者にて撮影(キュウリとみょうがの塩昆布和え)

 

材料(2人前)

 

  • キュウリ 1
  • みょうが 2
  • 塩昆布 小さじ2
  • ごま油 小さじ2

 

□作り方

 

①キュウリとみょうがを縦半分に切る

 

②①を斜めに千切りにする

 

③ボールに材料すべてを入れて和えて完成。

 

出典:筆者にて撮影(材料をすべてボールに入れて、混ぜ合わせます)

 

 

□そうめんのお供にいかが?

 

みょうがの風味が爽やかな一皿です。夏の副菜にピッタリですね!そのほかにも、そうめんの付け合わせにいかがでしょう。薬味としてつゆに入れても美味しくいただけます。

 

 

まとめ

 

塩昆布で作る副菜3選はいかがだったでしょうか?ここで紹介した野菜以外にも、白菜、トマト、カブなどの野菜と相性がバツグンです。火力を使わず、味付けもほとんど要らない塩昆布を使った調理は、手間がかからず、片づけもラク。常備しておけば、“もう一皿”に悩んだときに助けてくれますよ!冷蔵庫にあるお野菜を使って、塩昆布の簡単副菜をぜひ作ってみてください。

 

 

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。