まめ得のタネ

玄関がスッキリ!タオルハンガーでスリッパ収納

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

玄関はお家の顔と言われます。できるだけスッキリと片づけて、お客様をお迎えしたいですよね!そこで気になるのが、普段はかないお客様用スリッパ。置き場が定まらなくて、収納に困っていませんか?下駄箱のデッドスペースを利用すれば、使いやすいスリッパ収納ができますよ!

今回のまめ得のタネは、タオルハンガーを使ったスリッパの収納術をお届けします。

 

 

下駄箱の扉裏を有効活用

 

出典:筆者にて撮影(スリッパを収納する自宅の下駄箱)

 

お客様用スリッパは、普段使用することはないけれど、サッと取り出せる場所に置いておきたいですよね!だからといって、玄関の限られたスペースに、スリッパラックを置く気にはなれません。

 

出典:筆者にて撮影(置き場のないスリッパが、玄関に並べられています)

 

下駄箱の扉の裏にスリッパ専用の収納場所をつくってしまえば、急な来客があってもすぐに取り出すことができて、玄関スペースもスッキリ!ものを置かない玄関は、お掃除もラクに行うことができます。

 

 

タオルハンガーの取り付け

 

出典:筆者にて撮影(タオルハンガーを取り付けた下駄箱の扉裏)

 

スリッパの収納に活躍するのが、タオルハンガーです。

左右のスリッパを並べた横幅よりも長く、下駄箱の扉の幅より短いサイズのタオルハンガーを用意します。

タオルハンガーは、100円ショップなどで購入できますが、今回は我が家の下駄箱サイズに合わせて、ホームセンターのものを使用しています。

 

〈今回使用したタオルハンガー〉

 

  • 接着面が粘着テープのもの
  • 長さ32センチ
  • 奥行5センチ
  • 耐荷重1kg

 

注意すべきは、タオルハンガーの奥行サイズです。奥行が狭すぎると、底が厚めのスリッパが収納できなくなってしまいます。スリッパの底の厚みより広いものを選んでくださいね!

 

 

便利に使える!扉裏のタオルハンガー

 

出典:筆者にて撮影(タオルハンガーでつくった2足分のスリッパ収納)

 

タオルハンガーを2本取り付ければ、2足分のスリッパ収納が完成します。

タオルハンガーとスリッパのサイズ感もピッタリ!取り出しやすく仕舞いやすいスリッパ収納ができました。

我が家の下駄箱では、片側に2本が限界でしたが、下駄箱の扉サイズによっては、本数を増やすこともできそうですね!

 

□小物の収納にも

 

出典:筆者にて撮影(収納例:靴磨きの道具と虫よけスプレーの収納)

 

タオルハンガーに余裕があれば、スリッパ収納以外に使ってみるのも良いかもしれません。小さめの収納かごや小ぶりのスプレーなどは、下駄箱の隙間にうまく収まります。

玄関にあると便利な小物置きにいかがでしょうか。

 

 

まとめ

 

今回は、下駄箱のデッドスペースを利用したスリッパ収納についてお届けしました。

下駄箱の中に収納することで、スリッパがホコリを被ることもなく、お掃除の邪魔にもなりません。急な来客にもサッと取り出せる場所なので、スリッパ収納に最適です。タオルハンガーさえあればすぐにでもできる収納ワザ。玄関をスッキリさせたい人におすすめです。

 

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。