まめ得のタネ

電子レンジの頑固な汚れも重曹をチンするだけで簡単にお掃除ができる!

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

毎日、いろんな料理を調理したり、温めたり。電子レンジは現代人の食事に欠かせない存在です。こんなにも働き者の電子レンジですが、お掃除って意外と見過ごされてしまいがち。重曹を使えば、面倒くさそうなレンジのお掃除が簡単にできてしまいますよ!そこで、今回のまめ得ワザは、重曹を使用した簡単な電子レンジのお掃除法をお届けします。

 

 

重曹の性質

 

出典:筆者にて撮影(100円ショップで購入したお掃除用の重曹)

 

レンジ庫内の落ちない汚れ。そのほとんどは、油汚れです。酸性の油汚れを落とすには、アルカリ性の重曹が役立ちます。

重曹を入れた水を電子レンジで温め、発生した蒸気が油汚れを落としやすくするというのですが・・・

我が家のレンジは、まともに掃除されたことがなく、汚れも年季が入っています。重曹をレンジでチンしただけで、本当に汚れが落ちるのでしょうか?

 

 

重曹を使ったレンジ掃除方法

 

出典:筆者にて撮影(レンジのお掃除に用意するもの/重曹やふきんなど)

 

〈用意するもの〉

 

  • 重曹: 大さじ1
  • 水: 200ml
  • 深めの耐熱容器(マグカップでもOK
  • ふきん

出典:筆者にて撮影(レンジ庫内に油汚れがこびりついています)

 

レンジのお掃除方法はとても簡単!つぎの手順で行います。

 

①深めの耐熱容器に水と重曹を入れます。

 

出典:筆者にて撮影(耐熱容器にいれた重曹水は、ラップをかけないでチンします)

 

②ラップをかけず、レンジ(600W)で5分加熱します。

 

出典:筆者にて撮影(600Wで5分加熱します。重曹で汚れを浮かせよう!)

 

③扉を閉めたまま、庫内に5分間放置します。

 

④ふきんで、庫内を拭き取ります。

 

出典:筆者にて撮影(ふきんで浮いた汚れを拭き取ります)

 

出典:筆者にて撮影(1回目の掃除後の庫内。ガンコな汚れが残っています)

 

ふきんで汚れを拭きとったとき、大半の油汚れがスルリと落ちました。ふつうの汚れであれば、これで完了となるところです。ところが、やはり年季の入った油汚れは簡単に落とすことができません。

ガンコな汚れを落とすべく、もうひと頑張りしてみました!

 

 

レンジのガンコな汚れを重曹を使って落とす

 

出典:筆者にて撮影(ガンコな汚れをメラミンスポンジでこすり落とします)

 

庫内が冷めてしまったため、もう一度先ほどの工程を行います。

今度はメラミンスポンジを使用して、ガンコな汚れをこすってお掃除。温めた重曹水を、洗剤代わりに再利用しています。

 

出典:筆者にて撮影(メラミンスポンジでお掃除した後のレンジ内)

 

背面の汚れは、残念ながら残ってしまいましたが、底の油汚れは、きれいに落ちてくれました。

重曹のお掃除は、たびたび繰り返すうち、庫内の油汚れがやわらかくなり、落ちやすくなるようです。とはいえ、汚れがこびりつく前の早めのお掃除が基本ですね!

 

□重曹の拭き取りは念入りに

庫内の蒸気は、しっかりと拭き取るようにしましょう!拭き残しがあると、乾いたときに重曹の白い粉が浮き出てしまいます。お掃除の仕上げには、乾拭き掃除がおすすめです。

 

 

重曹を使ったレンジ掃除のまとめ

 

今回のまめ得ワザはいかがだったでしょうか?重曹水の蒸気を利用したレンジのお掃除。もっと早くに知りたかったです!ふつうの油汚れであれば、一瞬で拭き取ることができますよ!レンジは、口に入る食品を扱う場所。無害な重曹でのお掃除はおすすめです。油汚れがこびりつく前に、ぜひこのお掃除法を試してみてください。

 

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。