まめ得のタネ

脱ぺたんこ髪!洗い方と乾かし方を変えるだけでボリュームアップ

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

若い頃は、髪の悩みなんてなかったのに、、、

年齢を重ねるとともに髪が細くなってボリュームが出ない、ぺたんこ髪でヘアスタイルが決まらないなど、髪質の変化によって悩まれている方もおられるかもしれません。

今回、いつものシャンプーや乾かし方を工夫することで、ぺたんこになった髪をふんわり仕上げる「まめ得」ワザをお届けします。

夜のひと工夫で、朝のセットが格段に楽になりますよ!

 

 

頭皮をしっかり洗うこと!

 

出典:photoAC

 

 

まず、シャンプーする前にブラッシングします。シャンプーの泡立ちが良くなり、髪のもつれを解き、もつれによる抜け毛の予防にもつながるので、ぜひ習慣づけてほしいと思います。

 

そして、シャンプーの前にお湯でしっかり予洗いをしてあげることが大事です。髪の汚れの約7割はお湯で落ちるといわれており、頭皮マッサージを兼ねてしっかりお湯で洗ってあげることで、シャンプーの量が最小限ですみます。

 

シャンプーした後は、コンディショナー(リンス)は頭皮ではなく髪全体に揉み込みます。頭皮につけてしまうと、乾かした時に髪の毛が重たくなり、ぺたんこ髪の原因にもなります。

 

 

脱ぺたんこ髪!3ステップの乾かし方

 

出典:筆者にて撮影(逆毛にしてドライヤーを当てる)

 

ボリュームを出すのに最も重要なのが、ドライヤーのかけ方!

かけ方次第で、髪のボリュームに大きな差が出ます。かんたん3ステップで、ふんわりボリュームアップ!

 

1.髪の流れに逆らって、髪の根本から

 

後頭部→側頭部→前頭部の順に、髪の生えている方向とは逆にドライヤーをあてて乾かします。

毛流れに沿って乾かすと、ぺたんこ髪の原因になるので、毛流れとは逆にかきあげるように乾かします。

 

2.頭頂部は髪の毛をしっかりと立てて

 

ぺたんこ髪の大きな要因ともいえる髪の分け目。

髪の分け目や前髪はしっかりとたてて、1同様に毛流れとは逆にしっかりとドライヤーをあてます。

 

コツは、根本からしっかり乾かしてあげることです。

 

3.冷風で冷やす

 

最後の仕上げとして、髪を起こした状態のまま冷風をあてます。

冷風で、髪のキューティクルが閉じ、形が固定されるため、ボリュームアップしたヘアスタイルが朝まで続きます。

 

朝セットする場合は、トップの髪の根元を濡らして夜同様の乾かし方をすれば、ボリュームが蘇ります!

 

 

まとめ

 

筆者も若い頃に比べ、髪質がかなり変わりました。特に髪の毛が細くなり、トップにボリュームが出なくなって悩んでいました。そんな時に、洗い方や乾かし方を知って以来、夜きちんと実践することで、朝のセットも格段に楽になりました。

 

ボリュームのあるヘアスタイルになるだけで若々しい印象になり、お出かけも楽しくなります!

 

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。