まめ得のタネ

使わなくなったTシャツで、かんたんエコバック作り

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

202071日からレジ袋が有料化となり、エコバッグが必需品となりました。

ちまたには、可愛いデザインのものから機能的なものまで、様々なタイプのエコバッグが販売されています。

しかし、お店に行くたびに必要になり、汚れてしまうと洗い替えも必要になるため、たくさん手元にないと困ります。でも、わざわざ買うのも……、と思っている方に朗報です!使わなくなったTシャツでエコバッグが作れます。

今回、裁縫が苦手な人でも作れてタンスも片付く「まめ得」なエコバッグの作り方をお届けします。

 

 

Tシャツと道具2つでかんたんエコバッグ!

 

用意するものは、使わなくなったTシャツとハサミと鉛筆。

針も糸も必要ないので、裁縫が苦手でも大丈夫です!

 

それでは作り方です。

 

Tシャツの首元と袖をハサミで切る。

 

出典:筆者にて撮影(首元と袖のカット)

 

袖は縫い目に沿って、首元は残った肩部分が取っ手になるイメージでコの字型に切ります。

 

②底にしたい位置に鉛筆で線を引き、線から5cm下のラインで切る。

 

出典:筆者にて撮影(雑誌のサイズを参考に裾をカット)

 

雑誌やA4サイズのクリアファイルなどでサイズを合わせると、仕上がりサイズの目安になります。

 

Tシャツの裾から幅1cmの感覚で、線を書いたところまで切り込みを入れる。

 

出典:筆者にて撮影(フリンジ状にカット)

 

布は上下2枚重ねて、垂直に切っていきます。

 

Tシャツを裏返して、フリンジ状の裾を上下ペアで固結びをしていく。

 

出典:筆者にて撮影(上下で固結び)

 

⑤全部のフリンジを結んだら、Tシャツを表に返して完成!

 

出典:筆者にて撮影(完成)

 

 

お気に入りだったTシャツがおしゃれにリメイク

 

洋服タンスの中に使わなくなったTシャツが眠っていませんか?

お気に入りだった物は、なおさら捨てきれずにいるかもしれません。エコバッグにリメイクしてあげることで、次なる利活用ができてオススメです。

 

また、エコバッグはTシャツ生地で出来ているため、触り心地もよく、汚れたら普段の洗濯物と一緒に洗濯できるのが嬉しいポイントです。ただし、洗濯中にフリンジがほどけてしまうこともあるので、洗濯ネットで洗うと安心です。

 

お気に入りの柄で作れば、普段使いもできるおしゃれ感のあるエコバッグになります。これで、毎日のショッピングがより楽しくなりそうです。

 

 

まとめ

 

筆者は、思い出の詰まった子ども服が捨てきれずにいたので、「ちょっとそこまで」のお出かけ用バッグとして持ち歩いています。

裁縫の技術が必要のない、切って結ぶだけのかんたん手作りエコバッグ。

 

家族と、友人と、思い出などを話しながら作ってみると楽しいかもしれません。

 

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。