まめ得のタネ

浴室の排水口。フタをなくしてお手入れラクラク

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

あなたの苦手なお掃除は何でしょうか?

「浴室の排水口」が、かなりの上位にランクインするのでは?と思っています。

 

お風呂は生活に必要不可欠な存在で、家族全員が毎日使います。できれば手軽に清潔さをキープしたい。そう願う皆さんに、排水口のお手入れを楽にする「まめ得」情報をお伝えします。

 

 

筆者が現在の排水口の使い方に出会うまで、3つのステップがありました。

ステップごとにメリットがあるので、それぞれのステップをご紹介します。

 

【ステップ1】排水口のフタを使うのをやめる

 

出典:筆者にて撮影(フタを外した排水口)

 

「見えないから、なかなか手入れをしないのだ」と、まずは排水口のフタを取り除きました。平らではなくなった浴室の床にちょっとつまずいたりもしましたが、慣れてしまえば、なくても問題ありませんでした。

フタがないことよりもフタをとったことのメリットの方が多かったです。

 

メリット1            目につくので、こまめにゴミを取り除くようになった
メリット2            フタがないので湿気がこもらなくなり、カビやヌメリがなくなった

 

当時は目皿に100円ショップなどで売っている「髪の毛取り」のネットを装着して使っていました。

 

【ステップ2】目皿を使うのをやめる

 

出典:筆者にて撮影(髪の毛トリトリEasyネットを取り付けた排水口)

 

排水口のフタを外し、目皿にネットをつけて使っていたのですが、目皿のお掃除も面倒だと感じ始めていました。なんとかならないものか、と思っていたころに出会ったのがこの商品です。

 

出典:筆者にて撮影(髪の毛トリトリEasyネット)

ボンスター販売株式会社  http://bonstar.co.jp/home/

 

出典:筆者にて撮影(袋から取り出した髪の毛トリトリEasyネット)

 

これは目皿を使わず、直接排水口に置くネットです。置くだけで簡単に装着でき、使い捨てなので、お掃除をする必要がありません。これを使うことで、筆者は排水口のフタだけでなく、目皿を使うこともやめたのでした。

 

【ステップ3】新しい受け皿を使い始める

 

出典:筆者にて撮影(ステンレス製の受け皿を取り付けた排水口)

 

「髪の毛トリトリ Easyネット」はとてもよい商品です。使いやすいし、快適なのですが、ひとつだけ困っていたことがありました。それは、浴槽のお湯を抜く時、流れるお湯の勢いに負けて、ネットが浮いてしまうことでした。ネットが浮いてしまうと、ゴミが排水口に直接流れ込んでしまうので、なんとかせねば、と思っていました。

 

出典:筆者にて撮影(ステンレス製の受け皿)

 

そこで出会ったのが「ステンレス製の受け皿」でした。浮かび上がるなら、上からこの受け皿で抑え込むことにしたのです。

受け皿で髪の毛を、ネットで石鹸カスや皮脂汚れを二重構造で止めているので、排水口はさらに汚れにくくなり、お掃除の手間が少なくなりました。

 

まとめ

 

お風呂の排水口のお掃除はなかなか大変です。でも、お風呂は1日の疲れをとるリフレッシュのために必要な時間。そんな時間をきれいな浴室で過ごしたい。お風呂掃除のハードルを少し下げて、こまめにお掃除する習慣を身につけたいですね。

 

 

 

 

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。