まめ得のタネ

調味料として大活躍!簡単「ふりかけ」活用術

出典:筆者にて撮影(ゆかり風味の鶏唐揚げ)

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

ごはんのおともとして欠かせない「ふりかけ」。

ひとりで簡単にランチを済ませたいときなどは、ふりかけがあると便利です。

でも、種類が豊富なゆえにいろいろ買って封を開け、使い切れずに余ってしまいがちではありませんか。

余っているふりかけは、調味料としても活用しましょう!ちょっと「まめ得」な、ふりかけレシピをご紹介します。

 

出典:筆者にて撮影(ふりかけ2種)

 

ふりかけは、ひと振りで味が決まる万能調味料!

 

パパっとかけるだけで、白ごはんが美味しくなるふりかけ。すでに味が整っているふりかけは、調味料代わりとして使っても、味が決まる万能アイテムです。

 

「味付けがマンネリしてきたかな?いつもと少し違う味付けにしたいな」というときに、ふりかけで味付けすると、いつもとは違った料理に変身します。

 

調味料として使うのなら、湿ったふりかけでもOKです。中途半端に余ったふりかけや、いただきもののふりかけも、ごはん作りに活用して消費しましょう。

 

ふりかけを使ったおすすめレシピ

 

ふりかけにはたくさん種類がありますが、筆者のイチオシは「ゆかり」「のりたま」の2つ。

どちらも人気の定番のふりかけですね。「ゆかり」と「のりたま」は、調味料の代わりとしても使いやすいので、常備しておくと便利です。

 

今回は、「ゆかり」「のりたま」を活用したレシピをご紹介します。

 

・ゆかり風味の鶏唐揚げ

 

出典:筆者にて撮影(ゆかり風味の鶏唐揚げ)

 

普通の唐揚げに飽きたら、ゆかりを使ってしそ風味にするのも美味しいです。

作り方は、とり肉にゆかりをまぶして、いつも通り唐揚げを作るだけ。

 

出典:筆者にて撮影(ゆかりを鶏肉にまぶす)

 

鶏肉1枚あたり、ゆかり小さじ1で下味をつけます。

ゆかりの味をもっと強くしたい方は、お好みでゆかりの量を足しましょう。

 

出典:筆者にて撮影(油で揚げる)

 

あとは油で揚げるだけです。

年々、揚げ物が重たく感じるという方も、さっぱりしたゆかり風味の鶏唐揚げなら箸が進むと思います。

 

・キャベツのゆかり和え

 

出典:筆者にて撮影(キャベツのゆかり和え)

 

今が旬の春キャベツを使って、簡単ゆかり和えを作りました。5分あれば作れるので、漬物を切らしているときや、副菜を作る時間がないときにもぴったりです。

 

出典:筆者にて撮影(キャベツのゆかり和え材料)

 

今回は、ローソンストア100のミックスサラダを利用。水洗い不要でカット済なので、開封してすぐ使えて便利です。キャベツを使うときは、千切りしてゆかりと和えます。

 

出典:筆者にて撮影(ゆかりを混ぜているところ)

 

ゆかりの量は、キャベツ200gに小さじ1程度。白だしも小さじ1加えて混ぜます。筆者はゆかりが好きなので、目分量で多めに入れています。

手でしっかりもみ込んで、10分程度置いて味をなじませたら完成です。

 

・のりたまトースト

 

出典:筆者にて撮影(のりたまトースト)

 

のりたまはごはんだけでなく、パンとの相性抜群です。

作り方はとても簡単。

 

出典:筆者にて撮影(これからトーストします)

 

食パンにマヨネーズをうすく塗って、のりたまをふりかけてトーストするだけです。

お好みで、とろけるチーズや刻みねぎを足すと、さらに美味しくなります。

朝食のトーストがマンネリしてきたら、ぜひ一度試してみてください。

 

まとめ

 

ふりかけは、下味やあえものなどいろいろ使えて便利です。

塩分が強いものはチャーハンなどの炒めご飯に、小魚やそぼろなどのトッピングが入っているふりかけは、ドレッシング代わりにもなります。

いろいろな種類のふりかけがあるので、実験するように試してみるのも良いですね。

 

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。