まめ得のタネ

缶ビールを早く冷やすには“、アレ”を巻いて冷蔵庫に

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

冷えたビールを飲もうとしたときになって、「冷蔵庫に入れておくのを忘れてた!」という経験はありませんか?

1日頑張った後、お楽しみのビールが冷えていないのは本当につらいです。

そんなときでも大丈夫。タオルさえあれば常温のビールを冷凍庫ではなく、冷蔵庫で短時間で冷やすことができます。

 

冷蔵庫×タオルでビールを早く冷やせる理由

出典:筆者にて撮影(ビールとタオル)

 

ビールを早く冷やすには、“濡れタオル”を使います。

濡れタオルでビールを包んで冷蔵庫(冷凍庫ではないのでご注意ください)に入れるだけで、最速10分程度で冷やすことが可能です。

濡れタオルに包むことで、缶ビール全体の温度が低くなり、缶ビールをそのまま冷蔵庫に入れるより何倍も速く冷たくなります。

冷やすのを忘れてしまったときや急な来客でビールを出すとき、覚えておくと便利な裏ワザです。

 

タオルを使ってビールを冷やす方法

出典:筆者にて撮影(ビールを濡れタオルで包む)

 

タオルでビールを冷やす手順はとても簡単です。

準備するのは、缶ビールを包める大きさのタオルを用意するだけ。

冷やしたいビールが何本かある場合は、本数分のタオルを用意しましょう。

 

〈タオルでビールを冷やす手順〉

①タオルを水で濡らして、濡れタオルを作る

②濡れタオルで缶ビールを包む

③濡れタオルで包んだ缶ビールを冷蔵庫に入れる

④10分後、まだぬるければ様子を見て再度冷やす

出典:筆者にて撮影(冷蔵庫で冷やしているところ)

 

たったこれだけで早く冷やせます。

ただし、冷蔵庫の種類によっては冷えるまでに時間がかかる場合も。

10分経ってもまだぬるいときは、冷え具合を見ながら冷蔵庫に入れておく時間を追加しましょう。

ちなみにこの裏ワザは、缶チューハイやジュースなど、缶入りの飲み物ならなんでも使えます。

炭酸飲料やお茶を冷やし忘れたときにも便利です。

 

冷凍庫でビールや飲み物を冷やすのは避けましょう!

濡れタオルを巻いて“冷凍庫”に入れれば、より早くビールが冷えるように思えます。

もちろん冷凍庫の方が低温なので、その分早く冷やすことは可能です。

しかし冷凍庫に入れることはリスクもあるため、美味しいビールを飲みたい人にはおすすめできません。

冷凍庫に入れると、ビールそのものが凍ってしまい、味が変わる場合があります。

その後解凍しても、凍る前のビールと同じ風味にはなりません。

冷凍庫に入れると中身まで凍って、味が落ちる可能性があるので、要注意です。

また、缶ビールは凍らせると破裂する恐れもあります。

 

冷やし忘れても大丈夫!美味しい冷えたビールで疲れを癒しましょう

冷えたビールが冷蔵庫にないとテンションが下がってしまいますが、この裏ワザを覚えておけば心配いりません。

10分ほど我慢すれば、ぬるいビールも冷えたビールに変身します。

美味しいビールで1日の疲れを癒し、明日からの英気を養いましょう。

 

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。