お買物探偵団

アンバサダー友利新先生による温泉入浴後の肌ケア法/美肌県しまねから

出典:photoAC

 

島根県は、島根の魅力を美肌の観点から紹介するプロジェクト「BIHADA Beautyclip」を開始しました。今回のプロジェクトでは皮膚科医・友利新先生が公式アンバサダーに就任。プロ目線から美肌県しまねの秘密を紹介しています。そのプロジェクトから、美肌のための温泉入浴後の肌ケア方法をお届けしましょう。

 

 

「BIHADA Beautyclip」プロジェクトのアンバサダーに友利新先生が就任

 

出典:美肌県しまねPR事務局

 

美肌県しまねのプロジェクト「BIHADA Beautyclip」では、皮膚科医・友利新先生を公式アンバサダーに迎え、美容のプロ目線から美肌県しまねの秘密に迫ります。そこで、今回は友利先生が教えてくれた美肌のための温泉入浴後の肌ケア方法をご紹介します。

 

 

温泉と美肌の関係

 

温泉は血流を良くして、末端まで冷えを改善し、毛細血管も広がります。血液がお肌のすみずみまで行き渡ることが、お肌にとって最大の美容液になるため、温泉は美肌効果が期待できます。

 

出典:美肌県しまねPR事務局

 

美肌県しまねには、泉質が豊かなさまざまな温泉があり、肌の悩み別に泉質違いで温泉を楽しめるのも魅力のひとつです。

 

 

温泉入浴後は全身の肌ケアがマスト!

 

温泉で身体が温まった後、いつもの肌ケアでは物足りません。特にpHが高く(アルカリが強く)ピーリング効果があるような温泉では、入浴後にしっかりケアをしてあげましょう。おすすめは、いつもよりリッチなシートマスクでのケア。髪を乾かす間もシートマスクでしっかり保湿しましょう。また、いつもは乳液だけの方もクリームでしっかり水分を閉じ込めて。さらに身体のケアも大切です。お顔だけではなく、必ずボディクリームで全身保湿を行ってください。温泉に行くときは、顔と身体それぞれのクリームを準備してくださいね。

 

 

体や肌にいい! 日本酒浴もおすすめ

 

島根県は日本酒発祥の地ともいわれており、美味しいお酒がたくさんあります。友利先生によると、日本酒はシワやたるみに効果の高い成分であるフェルラ酸が含まれており、体や肌にも良いそう。そこで温泉専門家だけではなく、日本酒唎酒師でもある植竹 深雪さんに、日本酒をお風呂に入れて楽しむ日本酒浴について方法や効果を教えていただきました。

 

【日本酒浴の方法】

 

・お風呂にグラス1~2杯の日本酒を入れる

・アミノ酸を多く含む純米酒がおすすめ

・お湯の温度は38~40度のぬるめがよい

 

【日本酒浴で期待できる効果】

 

  1. ⾎⾏促進
  2. ⾹りによる自律神経を整える効果
  3. 美⽩効果・シミやそばかす対策
  4. 保湿効果

 

 

もっと島根を感じたい! 日本酒唎酒師・植竹さんおすすめの島根のお酒

 

温泉上がりにはお酒もいっそう美味しく感じるものです。島根県へ足を運べなくても、通販で名酒を手に入れ自宅に居ながらじっくり味わってみませんか?

 

出典:美肌県しまねPR事務局

商品名:李白 純米大吟醸720ml /李白酒造 \3,300(税込)

 

酒造好適米「山田錦」を45%まで精米し、低温長期発酵させました。香りおだやかで、ふっくらとしたやさしい味わい且つキレの良い辛口です。食中酒として楽しめる純米大吟醸。

 

出典:美肌県しまねPR事務局

商品名:月山 純米吟醸720ml /吉田酒造 \1,910(税込)

 

上品な旨味と香り、透き通る味わい、全てがバランス良く調和した純米吟醸です。

 

 

▼こちらの記事も、あわせてお読みください。

美肌県しまねから(1)島根が美肌の理由とおすすめ美肌アイテムもご紹介

 

 

 

記事協力:美肌県しまねPR事務局/「BIHADA Beautyclip」

 

 

 

クイズに正解して無料でポイント獲得

ポイントがもらえるクイズ

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。