まめ得のタネ

カメムシの効果的な駆除方法は?悪臭対策も解説

出典:photoAC


カメムシは特定の時期に大量発生するうえ悪臭を放つため、どのように駆除すればよいのか悩む方は多いでしょう。

 

刺激を与えるとカメムシは悪臭を放つことから、慎重に駆除を進める必要があります。

 

捕獲器や凍結タイプの殺虫剤を使用して、カメムシを安全に駆除しましょう。

 

本記事ではカメムシの基本的な駆除方法やカメムシによる被害、カメムシが大量発生したときの対処法を紹介します。

 

カメムシの悪臭が手や服についたときの対処法もあわせて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

もくじ

カメムシの駆除方法

 

出典:photoAC

 

カメムシは、悪臭を放つ前に駆除しましょう。

 

個人宅でできるカメムシの主な駆除方法は、次の2つです。

 

  • 殺虫剤を使用する
  • ペットボトル捕獲器を作る

 

それぞれの駆除方法を確認して、状況にあったものを選択しましょう。

 

殺虫剤を使用する

 

カメムシには、市販の殺虫剤が効きます。

 

ただし殺虫剤を使用するときに悪臭を発する可能性があるため、次の2タイプのうちどちらかを使用するとよいでしょう。

 

・凍結タイプ

・カメムシ専用凍結タイプ

 

ここからはそれぞれの殺虫剤の特徴、選び方や使用方法を解説します。

 

凍結タイプ

 

凍結タイプの殺虫剤なら、カメムシが悪臭を放つリスクを大幅に下げられます。

 

カメムシは寒さに弱く、10℃以下の気温であれば活動を停止します。

 

凍結タイプの殺虫剤はマイナス85℃の冷気を噴射するため、カメムシの動きをすぐに止められるでしょう。

 

また凍結タイプの殺虫剤には殺虫成分が含まれておらず、子どもやペットのいる家庭でも安全に使用できます。

 

殺虫成分に不安がある方は、凍結タイプ、殺虫剤不使用のアイテムを選んでみてください。

 

カメムシ専用凍結タイプ

 

凍結タイプの殺虫剤には、カメムシ専用のものもあります。

 

カメムシ専用の凍結タイプ殺虫剤は即効性が高く、カメムシが悪臭を放つ前に凍結できます。

 

また凍結タイプの殺虫剤であれば、洗濯物や布団に付着しても外気ですぐに乾きます。

 

外干しの洗濯物や布団などについたカメムシを駆除する際は、専用の凍結殺虫剤を使用しましょう。

 

ペットボトル捕獲器を作る

 

殺虫剤を使用したくない場合、カメムシの習性を活かしたペットボトル捕獲器を作りましょう。

 

カメムシには下に逃げる習性があるため、ペットボトル捕獲器をカメムシの下に設置して近づければスムーズに捕獲できます。

 

カメムシを直接触りたくない方、殺虫剤を使用できない方はペットボトル捕獲器を活用してみてください。

 

カメムシ用ペットボトル捕獲器を作る方法

 

出典:photoAC

 

ここからはカメムシ用の捕獲器を作る方法を、次の項目から詳しく解説します。

 

  • 用意するもの
  • 手順
  • 処理方法

 

必要なものを用意して、捕獲器を制作してみてください。

 

用意するもの

 

カメムシ用ペットボトル捕獲器の作成に必要なアイテムは、次のとおりです。

 

  • ペットボトル
  • カッターまたはハサミ(ペットボトルをカットできるもの)
  • テープ
  • LEDライト

 

ペットボトルのサイズは、500mlのものでも2Lのものでも問題ありません。

 

また捕獲器を固定できるものならテープも種類を問わず使用できるため、まずは部屋のなかに使用できそうなものがあるかどうか調べてみてください。

 

なお、LEDライトがない場合でもカメムシの捕獲は可能です。

 

カメムシ捕獲までの時間をなるべく短くしたい方のみ、LEDライトを用意してみてください。

 

手順

 

カメムシ用のペットボトル捕獲器を作る手順は、次のとおりです。

 

  1. ペットボトルをカットする
  2. 切った部分をひっくり返しはめ込む
  3. テープで固定する
  4. 容器の下にLEDライトを置く
  5. カメムシが発生している下に置く

 

隙間ができないよう、丁寧に作りましょう。

 

ペットボトルをカットする

 

まずは用意したペットボトルの上部3分の1をカットします。

 

カットの際は、手を切らないよう十分注意してください。

 

切った部分をひっくり返しはめ込む

 

次に、切った部分をひっくり返してはめ込みます。

 

うまくはまらない場合は、ペットボトルを少し変形させてみてください。

 

力に自信がない方は、硬めのペットボトルではなく柔らかく比較的潰しやすいペットボトルを用意しておくと安心です。

 

テープで固定する

 

最後に、完成した捕獲器のうち先ほど嵌め込んだ部分をテープで固定します。

 

捕獲器の間に隙間があると、カメムシが逃げてしまう恐れがあります。

 

カメムシは2mmの隙間があれば移動できるため、テープで隙間なく固定しましょう。

 

容器の下にLEDライトを置く

 

より効率的にカメムシを捕獲したい場合、容器の底の裏側にLEDライトを置きます。

 

LEDライトは、100円均一のショップなどで販売されている安価なもので問題ありません。

 

設置のまえにライトが正しく点灯するか、動作確認しておきましょう。

 

カメムシが発生している下に設置する

 

捕獲器ができたら、発生しているカメムシの下に置きましょう。

 

カメムシには下に逃げる習性があるため、下からカメムシに捕獲器を近づければ、そのまま捕獲器に入ります。

 

誘導の際は刺激を与えないよう、カメムシに触れないように近づけましょう。

 

LEDライトがある場合、部屋を暗くしてLEDライトを点灯させておきましょう。

 

カメムシは光の方角へ進むことから、短時間でカメムシを捕獲できます。

 

虫が苦手でカメムシに近寄りたくない方は、LEDライトでカメムシをおびき寄せてみてください。

 

捕獲したカメムシの処理方法

 

捕獲したカメムシは、できる限り刺激を与えないよう処理しましょう。

 

捕獲機でカメムシを捕まえたら、捕獲機の中に中性洗剤を入れるか、外に逃がします。

 

カメムシが大量発生している場合、可能な限り逃がすのは避けて中性洗剤で駆除しましょう。

 

暖かいところを好むカメムシは、再び屋内に侵入してくる可能性があります。

 

中性洗剤がすぐに用意できないときは、捕獲器のなかに水を入れておきましょう。

 

捕獲後、カメムシの匂いが漏れないようペットボトル捕獲器の上部はラップと輪ゴムで密閉しておきましょう。

 

カメムシ捕獲時にしてはいけないこと

 

出典:photoAC

 

カメムシの捕獲時には、悪臭による影響が出ないよう次の点に注意しましょう。

 

  • カメムシを叩いたり潰したりする
  • カメムシを掃除機で吸い取る

 

一度匂いが残るとなかなか落ちないため、慎重に駆除を進めてみてください。

 

カメムシを叩いたり潰したりする

 

カメムシの匂いの原因は、カメムシが身の危険を感じたときに放つ分泌液です。

 

状況により異なりますが、カメムシを叩いたり潰したりすると、カメムシは身を守るため悪臭を放ちます。

 

悪臭が手や服に付着するとなかなか落ちないため、カメムシに刺激を与えるのはやめましょう。

 

駆除の際は刺激を与えず、ペットボトル捕獲器や冷却タイプの殺虫剤で対応しましょう。

 

カメムシを掃除機で吸い取る

 

カメムシを掃除機で吸い取ると、危機を察したカメムシが悪臭を放ちます。

 

掃除機のなかでカメムシが悪臭を放つと、排気からカメムシの匂いが広がり部屋中に悪臭が染み込みます。

 

一度掃除機のなかについた匂いを取るのは非常に難しいため、掃除機で吸い取るのは避けてください。

 

もし掃除機でカメムシを吸った場合、掃除機の処分や専門業者への依頼も検討してみましょう。

 

カメムシによる主な被害

 

出典:photoAC

 

カメムシにより起こる主な被害は、次のとおりです。

 

  • 大量発生
  • 悪臭や衣類への付着
  • 農作物が荒らされる

 

大きな被害が出る前に、カメムシ放置のリスクを確認しておきましょう。

 

大量発生

 

カメムシは夏〜秋にかけて大量発生するケースがあり、大きな被害をもたらします。

 

都市部でもカメムシが大量に発生し、部屋に侵入する可能性も少なくありません。

 

また屋外で知らずにカメムシを踏んだり触ったりする場合もあるため、注意が必要です。

 

ただしカメムシの発生量を予測するのは難しく、突然数が増えることも少なくありません。

 

悪臭や衣類への付着

 

カメムシは身を守るため悪臭を放つことがあり、悪臭が手や衣類に付着するケースもあります。

 

とくに大量発生が起こると、悪臭などの被害が起こりやすくなります。

 

小さな子どもやペットが知らずにカメムシに触れてしまい、悪臭が付着するケースも少なくありません。

 

農作物を荒らす

 

カメムシの成虫は広く植物の汁を吸うため、農作物に被害が発生します。

 

果実の汁をカメムシに吸われた場合、果実は変形したり、腐ったりする可能性があります。

 

農作物を育てている方、家庭菜園をしている方はとくに注意しましょう。

 

ただし果実や植物についているカメムシに触れると、悪臭が植物に付着して食べられなくなります。

 

そのため農作物の周辺にいるカメムシの駆除は、通常より慎重におこなう必要があります。

 

室内へのカメムシの侵入を防ぐ方法

 

出典:photoAC

 

カメムシの体は非常に小さく、2mmの隙間があれば侵入可能です。

 

毎年大量発生が起こりやすい4〜10月は、室内にカメムシが侵入しないようあらかじめ対策しておきましょう。

 

ここからはカメムシが侵入しやすい場所と対策方法を解説します。

 

網戸も含めたサッシなどの隙間

 

カメムシは光や暖かさを求め、網戸を含むサッシなどの隙間から室内に侵入します。

 

一般的な網戸の隙間には3mmあり、2mmの隙間で侵入できるカメムシを防ぐことはできません。

 

さらに一度カメムシが侵入した箇所からは、繰り返しカメムシが侵入する可能性があります。

 

カメムシが入り込んできた隙間はできる限り塞いでおくか、忌避剤を撒いておきましょう。

 

給排気口

 

外と接続している給排気口からも、カメムシは侵入します。

 

しかし給排気口を閉じることはできないため、網目の細かい防虫フィルターを付けておきましょう。

 

防虫フィルターと忌避剤をあわせて使用しておけば、カメムシが入り込む可能性を大幅に減らせます。

 

外干しの白い洗濯物

 

カメムシが外干しの洗濯物に付着していると、そのまま洗濯物を取り込む際に屋内に侵入する可能性があります。

 

どの洗濯物にもカメムシが付着しますが、とくにカメムシが好むのは白い洗濯物です。

 

白いタオルやシャツ、布団やシーツを取り込む際は十分に注意しましょう。

 

エアコンのドレンホース

 

外と接続しているエアコンのドレンホースからも、カメムシは侵入します。

 

またエアコンのドレンホースからは、ゴキブリなどほかの害虫が侵入する危険もあります。

 

ドレンホースには網目の細かい網をかけ、害虫が侵入しないよう対策しましょう。

 

用意できる場合は、ドレスホース用防虫キャップの使用もおすすめです。

 

ミント系の香り対策

 

カメムシは数あるハーブのなかでも、とくにミントの香りを嫌います。

 

そのためカメムシが出そうな場所には、ミント系の匂いで香り対策をおこなうとよいでしょう。

 

もっとも効果的なのは、自宅の周辺でミントを育てることです。

 

ミントは害虫に強く、園芸に詳しくない方でも育てやすいため挑戦してみてください。

 

育てることが難しい場合は、ミントスプレーを定期的に噴射して香り対策をおこないましょう。

 

庭やベランダにカメムシの侵入を防ぐ方法

 

出典:photoAC

 

庭やベランダにカメムシが侵入しないよう防ぐ方法は、次のとおりです。

 

  • 除草する
  • 防虫剤を使用する

 

カメムシが定着しないよう、定期的に庭やベランダの状況を見直しましょう。

 

除草する

 

カメムシが繰り返し発生しないよう、繁殖期には卵対策をしておきましょう。

 

ベランダや庭に雑草が多数生えていると、カメムシに卵を産み付けられる可能性があります。

 

卵が孵化すると翌年以降もカメムシ被害が起こりやすくなるため、雑草は刈り取りましょう。

 

防虫剤を使用する

 

カメムシには、次の防虫剤が効果的です。

 

  • カメムシ専用エアゾール
  • カメムシ専用忌避剤

 

それぞれの防虫剤の使い方、メリットを確認しておきましょう。

 

カメムシ専用エアゾールを使用する

 

カメムシのみを効果的に減らしたい場合、カメムシ専用のエアゾールを使用しましょう。

 

エアゾールとは、ガスの圧力で中身を霧状または泡状に噴射する製品です。

 

スプレー缶とも呼ばれており、遠距離からでもカメムシに噴射できる点がメリットです。

 

部屋に侵入したカメムシをすぐに撃退したいときは、カメムシ用のエアゾールで殺虫しましょう。

 

カメムシ専用忌避剤を使用する

 

カメムシの侵入を減らすなら、カメムシ専用の忌避剤もおすすめです。

 

専用の忌避剤では、カメムシの苦手なミントの香りを中心としてカメムシの嫌う匂いを配合しています。

 

天然由来の成分でできた忌避剤であれば、ペットや子どものいる家庭でも安心して使用できます。

 

忌避剤を使用する際は説明書をよく読み、内容に従いましょう。

 

カメムシの悪臭がついた場合の対処法

 

出典:photoAC

 

ここからはカメムシの悪臭が手についた場合と洗濯物についた場合について、匂いを落とす方法をそれぞれ解説します。

 

もし匂いがついてしまったら、慌てず状況に適した対処をおこないましょう。

 

手についた悪臭

 

カメムシの悪臭が手についた場合、オリーブオイルまたは食器用の洗剤で対処してみてください。

 

ここからはカメムシの悪臭が手についた場合に使用できるアイテムと、詳しい落とし方を解説します。

 

オリーブオイル

 

悪臭が手に付着したら、オリーブオイルを手に塗りましょう。

 

カメムシの放つ悪臭の主成分は、油で落とすことができます。

 

オリーブオイルがない場合、クレンジング剤や消毒用のアルコールなど、油を溶かせるものであれば問題ありません。

 

食器用洗剤

 

食器用洗剤は、カメムシの悪臭のうち水で落とせるものに効果的です。

 

オリーブオイルを使用しても匂いが落ちない場合は、食器用洗剤で手を洗ってみてください。

 

食器用洗剤がない場合、石鹸でも一定の効果を見込めます。

 

洗濯物についた悪臭

 

洗濯物にカメムシの悪臭がついた場合、界面活性剤入りの洗剤または熱で対処しましょう。

 

ここからは、洗濯物にカメムシの悪臭がついた場合の対処法を2つ解説します。

 

界面活性剤入りの洗剤

 

カメムシの悪臭には、界面活性剤入りの洗剤が効果的です。

 

悪臭がついたら界面活性剤入りの洗剤で洗濯物を洗いなおし、匂いを落としましょう。

 

スチームアイロンの熱

 

カメムシの悪臭は、熱により大きく軽減できます。

 

洗濯が難しいものにはスチームアイロンの熱を当ててみてください。

 

熱を当てると劣化する素材の場合、アルコールスプレーなど油を溶かせるものを吹きかけたうえで天日干ししましょう。

 

カメムシの大量発生で悩んでいる場合

 

出典:photoAC

 

カメムシが自宅周辺で大量発生している場合、適切な対処法が変わります。

 

繰り返しカメムシが発生しないよう、大量発生対策も実施しておきましょう。

 

ペットボトル捕獲器

 

大量発生には殺虫剤より、ペットボトル捕獲器の方が効果的です。

 

ペットボトル捕獲器を作り、自宅の周辺にいるカメムシの数を少しずつ減らしましょう。

 

業者へ依頼

 

カメムシが大量に発生して手に負えないときは、業者に依頼しましょう。

 

とくに農林水産省から「病害虫発生予報」などが出されている年に、個人の力でカメムシを駆除するのは困難です。

 

病害虫発生予報とは、国が毎月発表している病害虫発生予測です。

 

都道府県別でも発生予測が確認できるため、とくに農作物を育てている方は毎月チェックしてみてください。

 

もし大量発生が起こり、カメムシの駆除が負担になるときは業者へ依頼しましょう。

 

業者にカメムシの駆除を依頼した場合の料金相場は、1万5千円から2万円程度です。

 

時期や依頼内容により料金は大きく変わるため、見積もりを複数受け取りサービスと料金を比較してみてください。

 

まとめ

 

出典:photoAC

 

今回は悪臭を抑えつつカメムシを駆除する方法やカメムシにより起こる被害、悪臭がついたときの対処法などについて解説しました。

 

カメムシに刺激を与えると悪臭を放つため、ペットボトル捕獲器を活用しながら駆除してください。

 

掃除機で吸ったり、叩いたりしないよう注意を払い、カメムシの駆除を進めましょう。

 

カメムシが大量発生している場合、業者への依頼も検討してみてください。

 

効率的に駆除をおこない、カメムシによる被害を減らしましょう。

 

※本記事の情報は2024年5月公開時点のものです。

※最新情報は各サービスの公式サイトでご確認ください。

※商品・サービスに関するお問い合わせは、サービス提供元まで直接ご連絡をお願いします。

※本記事には提携する企業のPR情報が含まれます。

 

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。