まめ得のタネ

姿勢が美容に関係する⁉︎ 猫背や反り腰が体や肌に与える影響と解消法

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

みなさんは人のどこを見て“素敵だな”と思うでしょうか? 高齢の方でも姿勢が良い人は若々しく見えますよね。姿勢は見た目の印象だけではなく、健康面や美容面にも影響を及ぼすことがあります。今回は姿勢と健康・美容の関係や正しい姿勢についてご説明しましょう。

 

良くない姿勢とは?

 

出典:photoAC

 

よく”姿勢が悪い”と耳にしますが、具体的にはどういうことなのかを知っておきましょう。一般的には“猫背”をイメージする方が多いと思いますが、それ以外にもタイプがあります。

 

猫背

医学用語では”円背”と呼ばれますが、猫の背中が丸まった状態に見えることから一般的に”猫背”といわれています。背中が丸まっている状態のことで、猫背は長年の歩き方や座り方の習慣による癖のようなものです。

 

反り腰

その名の通り、本来閉じているはずの骨盤が前に倒れて腰が湾曲し、反っている状態です。

 

猫背や反り腰が肌や体に及ぼす影響

 

出典:photoAC

 

猫背の場合、前かがみの姿勢を続けることによって内臓が圧迫され、本来あるべき位置からズレてしまうということもあるそう。内臓がきちんと機能しなくなり、便秘や下痢といった腸の異常をきたすことも。また、腸の働きが悪くなることで肌荒れも起こしやすくなります。猫背の方は頭を支えるために肩や首に大きな負担がかかり肩こりが生じることもあります。

 

反り腰の方も骨盤が開いたままになっていることにより、内臓が正しい位置に収まらず下がってしまい、腰に負担がかかりやすくなります。反り腰の人に下腹が出ている人が多いのは、この内臓が下がっているせいだと考えられます。

 

また、肌を健やかに美しく保つためにはターンオーバーと呼ばれる肌の新陳代謝が正常に行われていることも大切ですが、年齢を重ねるにつれこの周期は長くなります。

バリア機能が低下する、乾燥が酷くなる、ザラつきが目立つといった肌の悩みが出てくるのはこのターンオーバーの遅れのせいです。姿勢が悪いと体全体の代謝が悪くなるので、当然肌にも悪影響を与えてしまうことになるのです。

 

さらに、普段から背中が丸くなっていると血の巡りが悪くなり、例えば顔色がくすんだり、クマができる原因にもなります。血流が悪くなり老廃物がたまると顔がむくむこともあるそう。

 

姿勢の悪くなる原因と解消法

 

出典:photoAC

 

スマホやパソコンに向かっているときは、どうしても目線が下になってしまいます。熱中するあまり首が前に出てきてしまうことも。ときにはストレッチなどをして体を動かすようにしましょう。外出時に荷物を持つとき、いつも決まった方の腕で持ったりしている方も、骨盤が歪み姿勢が悪くなってしまう場合もあります。バランスよく両腕で持つようにしましょう。

 

また、背中を丸めた状態が楽ちんに感じるようなら、姿勢を保つための筋力が衰えていることも考えられます。毎日の生活にウォーキングやスクワットなど気軽に始められる運動を取り入れてみましょう。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。