まめ得のタネ

【白髪染め】美容院に行くまでのつなぎ方法

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

年齢とともに男女問わず増えてくるのが白髪です。最近では白髪染めをせずにグレイヘアを楽しむ方もいらっしゃるようですが、まだまだ白髪染めをされている方が多いよう。美容院で白髪染めをしても1ヶ月もすれば根元が伸びて白髪が目立ってきてしまいますが、かといって頻繁に美容院に行くのはお金も時間もかかります。また、髪や頭皮へのダメージも気になるところ。そこで、次に美容院で白髪染めをするまでのつなぎ方法をご紹介しましょう。

 

 

美容院で白髪染めをするまでのつなぎ方法

 

次に美容院に行くまでの間、“つなぎ染め”をするならどんな方法がおすすめ? 代表的な方法をご紹介しますので、自分に合った方法を見つけて賢く“つなぎ染め”をしましょう。

 

出典:photoAC

 

 

■白髪染めをするまでのつなぎ方法①:カラートリートメント

 

出典:photoAC

 

トリートメント成分に染料が含まれているもので、何度か使用することで徐々に白髪を染めていきます。色持ちは5回ほど連続使用した場合で約1~2週間程度。内部にまで薬剤が染み込まず、髪の表面近くを染毛します。

 

「化粧品」分類の染料を使用している製品が多く、素人でも扱いやすいのが嬉しい点。名前の通り、主な成分はトリートメントですから髪を傷めることなく、むしろ髪の毛をいたわってくれます。地肌についても洗い流せるため、素手で塗布でき、根元から伸びてきた白髪も染めやすいです。シャンプー後に白髪部分に塗って約10分放置してすすぐだけという手軽さも人気。

 

デメリットは1回でしっかり染めることができず、約1~2週間程度で色落ちしてしまう点。そのため、週に1回ほどのペースで繰り返し使用する必要があります。

 

 

■白髪染めをするまでのつなぎ方法②:ヘアマニキュア

 

出典:photoAC

 

ヘアマニキュアとは、おもに髪の表面にカラーをコーティングするもの。髪の表面とやや内部にまで酸性染料が浸透しますが、内部の奥までは薬剤が染み込むことはないので髪が傷みにくいのがメリットです。さらに、髪の表面をコーティングすることでツヤも生まれ、紫外線からも髪を守ってくれます。

 

一方で、脱色してカラーリングするわけではないため髪色を明るくすることはできません。また、ヘアマニキュアは肌についてしまうと取れにくいため手袋やコームの使用が必須で、地肌につかないように根元の白髪に塗布することがやや難しいです。髪質にもよりますが、一般的にヘアマニキュアは2~4週間ほど色が持ちます。髪を洗うたびに少しずつヘアマニキュアが落ちていき次第に元の髪色に戻ります。

 

 

染めるのが面倒なら一時的に使えるつなぎ方法の「白髪隠し」を!

 

外出する機会が減っている今の時期は“つなぎ染め”をする必要もなさそう、という人には一時的に使える白髪隠しアイテムが便利です。パウダーで白髪をカバーするファンデーションタイプや、1本1本をしっかり狙って染められるマスカラタイプなどがあり、100円ショップでも手に入ります。シャンプーすればすぐに落とせるので、白髪隠しの商品を使うことによって、髪の傷みも最小限に抑えられますよ。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。