まめ得のタネ

ラベンダー&バラの手づくり入浴剤で贅沢バスタイム

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

こわばった体をほぐし、疲れを取り除いてくれるお風呂は、心も体もリフレッシュしてくれます。

お風呂に入れる入浴剤の中でもラベンダーの香り、バラの香りが好きな方も多いのではないでしょうか。

 

自宅の入浴時間を少しでも楽しもうというのが今回のテーマ。

中でもオススメなのが手づくり入浴剤(今回はラベンダーとバラ)を使ってお風呂時間を楽しむこと。

香りや成分などを楽しむことができれば、いつものお風呂が何倍も楽しくなります。

 

もちろん市販の入浴剤で入るお風呂も楽しいですが、今回はラベンターのバスソルトとバラの手づくり入浴剤に絞ってご紹介。オリジナルの入浴剤で浸かるお風呂は家族もきっと大喜び。ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

炭酸ガスの入浴剤を手作りしてみよう

 

炭酸ガスが湧き出る入浴剤。実は家で簡単に作ることができます。シュワシュワを楽しんでください。炭酸ガスの成分で、体の疲れが取れますよ。

 

<材料>

・重曹:50g

・クエン酸:25g

・水:少量

・ラップ:両手より少し大きいくらい

・紙コップ

 

<作り方>

①紙コップを用意し、ここに重曹とクエン酸を入れる。重曹とクエン酸の割合は2:1

②霧吹きなどで少しずつ水をかけながら混ぜ合わせる(入れすぎ注意)。

③ある程度固まってきたらラップに移し、おにぎりを握る要領で包み込み、1日乾燥させたら出来上がり。

 

水をかけるタイミングに、香りづけの精油や岩塩を入れたら、より豪華な入浴剤になります。

 

出典:photoAC

 

 

牛乳×バラの入浴剤

 

ゴージャス気分を味わうならこちら。

 

一般的な家庭用のお風呂の場合、200ccほどの牛乳を入れてください。かき混ぜたのち、バラの花びらをお風呂に浮かべれば、テレビなどで見かける豪華なお風呂となります。

 

牛乳の脂肪分で湯冷めしにくくなり、バラの花びらの香りでリラックス効果が期待できますよ。

 

出典:photoAC

 

 

ラベンダーのバスソルト

 

高級な入浴剤を目指すなら、ラベンダーのバスソルトがオススメ。

香りの良いラベンダーがストレスを取り除いでくれ、バスソルトが新陳代謝を高めてくれます。

 

<材料>

・岩塩:1カップ

・ラベンダーの精油:10

・乾燥ラベンダー:適量

・布の小袋やお茶パック

 

<作り方>

①岩塩に精油をふりかけ、よく混ぜる。

②乾燥ラベンダーを入れて、さらにかき混ぜ、1日ほど寝かせる。

③大さじ12ほどを目安に、布の小袋やお茶パックに入れれば完成。

 

出典:photoAC

 

 

ラベンダーとバラの入浴剤以外も楽しんで

 

今回、ご紹介をしたラベンダーやバラの入浴剤以外でも、定番では、ゆずを湯船に浮かべるのが知られていますが、中にはハチミツやハーブティーをそのままお風呂に入れるといったものもあり、さまざまなものが入浴剤として楽しまれています。

 

ちょっとこだわった贅沢なオリジナル入浴剤で、寒い冬を乗り切ってくださいね。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。