まめ得のタネ

コールドドラフト現象とは? お部屋の寒さ対策と温めグッズを紹介

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

いよいよ寒さが厳しくなってきた季節。家の中にいても寒さを感じてしまうことがありますよね。寒さを感じる原因は、床や窓から冷気が伝わるため。対策と体を温めるグッズをご紹介しましょう。

 

家の中で過ごしていても寒さを感じる理由

 

エアコンやストーブを使った暖かい部屋にいても、ときどき肌寒く感じることがあります。部屋の中にいるのに寒さを感じるのはどうしてでしょう。まず考えられるのは、床から冷気が伝わってくることです。これは「コールドドラフト現象」と呼ばれており、冷たくなった空気が暖かい空気に押し出されて足元に流れる現象のことです。 部屋の中は暖かい空気と冷たい空気の2層に分かれ、暖房をつけているのに足元が冷えるという状態になってしまいます。

 

コールドドラフト現象を防ぐための対策

 

コールドドラフト現象の発生を防ぐための対策をご紹介しますので、部屋にいても寒さを感じるという方はさっそく取り入れてみてください。

 

断熱シートを窓に貼る

 

出典:photoAC

 

ホームセンターなどで購入できるポリエチレンなどの素材で作られた断熱シートを窓に貼ると室内の暖かい空気が逃げにくくなり、冷たい外気の侵入も防いでくれます。断熱シートが手に入らない方は、100円ショップでも販売されているキャンプなどで使う断熱マットでも代用できます。

 

断熱カーテンを取り付けたり、カーテ丈を長くする

 

出典:photoAC

 

断熱性に優れたカーテンに取り替えるのもおすすめです。熱を通しにくい仕様なのでコールドドラフト現象を抑えることができます。 また、あえてカーテン丈を長くすることでも、同様にコールドドラフト現象の対策になります。

 

体を温めるグッズ

 

出典:photoAC

 

・ルームシューズ

足元の冷え対策にはルームシューズがとても効果的。保温性の高いフリース素材やウール素材のものを選ぶようにしましょう。足首まですっぽり覆ってくれるタイプならさらにおすすめ。スリッパタイプでしたら、レッグウォーマーと併用するのがよいでしょう。

 

・小さめサイズのホットカーペット

底冷えする足元には、小さめサイズのホットカーペットを椅子の下に敷くだけで、かなり防寒できるはず。必要なときに素早く足元を温めてくれる便利アイテムです。

 

・ストールやネックウォーマー

家の中でストールやネックウォーマー? と躊躇する気持ちもわかりますが、やはり首元の冷え対策にはストールはおすすめ。室内で寒さを感じるようなら、我慢せず着用してみてください。

 

・フットウォーマー 

ヒーターが内蔵されたフットウォーマーはしっかり温もりが取れるので高齢者におすすめです。「スリッパタイプ」「足入れタイプ」などがあり生活スタイルに合わせて選べるのも嬉しいポイント。「足入れタイプ」もコンパクトなものが多いので、家の中で持ち運びできて便利ですよ。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。