まめ得のタネ

BBクリームとCCクリームの違いとは? 使い方もご紹介

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

忙しい朝にメイクに時間や手間をかけられない。そんな女性たちの悩みを解決してくれるBBクリームとCCクリーム。でも、BBクリームとCCクリームの違いをご存知ない方も多いのではないでしょうか? それぞれのクリームの特徴と、おすすめの使い方をご紹介します。

 

 

”と”CC”それぞれの意味は?

 

1本で化粧下地から日焼け止め、ファンデーションの役割まで網羅するアイテムとして登場以来、大人気のBBクリーム。BBクリームの正式名は「ブラミッシュバーム(Blemish Balm)」といいます。もともとは、美容施術を行なった後の肌に塗り、外部刺激から守りながら患部を落ち着かせることを目的としたクリームでした。

 

一方CCクリームの”CC”は、各メーカーによってさまざまな定義がありますが、多くはCare(ケア)、Control(調整や補正)、Color Control(カラーコントロール)などの略だといわれています。

 

 

クリームとCCクリームの特徴や役割

 

出典:photoAC

 

一見同じように見えますが、特徴はそれぞれ違います。 BBクリームの特徴は「カバー力」の高さです。美容施術後の肌に保護膜を形成するために作られたこともあり、フィット力も高いです。美容液成分もさまざまなものが配合されており、ケアしたい悩みに合わせて選ぶことができます。

 

CCクリームの1番の特徴は肌色補正の働きが高いことです。年齢とともに出てくる肌のくすみを飛ばし、透明感のある肌に見せてくれます。

 

 

クリームとCCクリームの使い方

 

出典:photoAC

 

高機能・多機能な商品が多いBBクリームとCCクリーム。自分にはどちらが合っているのか迷いますよね。

 

シミや毛穴をしっかりカバーしたいのであれば、カバー力のあるBBクリームがおすすめです。また肌をケアする美容液成分などが入っている商品が多いので、肌が敏感に傾いているときも最適。ピンポイントの悩みではなく、全体的に肌の色味を明るくしたい日はCCクリームを。その日のなりたい顔や肌状態に合わせて選んでみてはいかがでしょう?

 

 

ファンデーションとの違いは?

 

出典:photoAC

 

ここまで読んで「あれ、じゃあファンデーションは必要ないのでは?」と思った方も多いでしょう。ファンデーションも、最近は美容液成分が入っていたり、紫外線予防効果もあったりと高機能化が進んでいます。そのため、BBクリームやCCクリームとの明確な差別化がつきにくくなっているのが事実。

 

ですが、ファンデーションはメイクアップを第一の目的としているため、ケア成分の含有率は2つに比べて劣ることが多いです。しかし、クリームやリキッド、パウダーなど形状も多様で、色の展開も豊富ですから、より自分の肌にあったものを探しやすいです。しっかりメイクをしたい日にはやはりファンデーションを使うと満足いく仕上がりになるでしょう。

 

きちんとメイクをすると、そのぶんクレンジングや洗顔も念入りに行う必要があり、肌への負担がかかります。シニアの肌はダメージにとても弱い状態です。外出の予定がない日や近所にお買い物に出かける程度の日は、肌に負担の少ないBBクリームとCCクリームを使うことをおすすめします。

 

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。