まめ得のタネ

老け感の特徴“マリオネットライン”の原因と改善方法

出典:photoAC

 

口もと周辺のシワはとても目立ちやすく、一気に老けた印象にしてしまうもの。今回の記事では口もとのシワの特徴である“マリオネットライン”の原因や自分でできる対策についてご紹介しましょう。

 

 

マリオネットラインとは

 

出典:illustAC

 

マリオネットラインとは口角の両端から顎にかけて伸びるシワのことです。ほうれい線よりも下の位置にできやすく、腹話術のマリオネット人形のように口角から下に線が入っていることからそう呼ばれています。マリオネットラインが深くなってくると口角が下がって見え、実年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。

 

 

マリオネットラインの原因は?

 

マリオネットラインは加齢が原因だから仕方ないと諦めがちですが、それだけではありません。その他にもさまざまな要因があります。マリオネットラインを今以上に深くしないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

 

原因1_口もとの筋肉のたるみ

マリオネットラインに大きく影響するのが筋肉のたるみです。とくに口輪筋や口角下制筋などの筋肉が緩むとできやすくなります。加齢によるシワはある程度仕方のないことですが、同じ世代の方より目立つようなら、口もとの筋肉が平均より衰えているのかもしれません。

 

原因2_頬のたるみ

年齢を重ねて顔の脂肪が減少すると皮膚が余り、たるみを引き起こしてしまいます。とくにマリオネットラインに大きく関係するのが頬の脂肪のたるみ。このたるみは下顎でせき止められますが、溜まった脂肪が口角から顎にかけての皮膚を引っ張り、マリオネットラインを作ります。

 

原因3_肌の乾燥

肌の乾燥はシワを深くさせる要因。とくにシニア層の肌は保湿不足です。乾いた状態の皮膚はマリオネットラインをますますクッキリ深くしてしまいます。

 

原因4_姿勢の悪さ

意外かもしれませんが、姿勢の悪さも口もとのシワに影響を与える場合があります。姿勢が悪く顔の筋肉を衰えさせると、その弛んだ筋肉のせいで肌のハリが失われます。結果としてマリオネットラインのようなシワができてしまうことも。姿勢の悪さは血流も悪くするため、肌のコンディションを悪化させることにも繋がります。

 

原因5_噛み合わせの悪さ

噛み合わせが悪い、あるいは食事のときによく噛まないといった方もマリオネットラインができやすいです。シニアになると柔らかい食事を選びがちになるため、口周りの筋肉を十分に使う機会が減ります。

 

 

マリオネットライン解消方法

 

■表情筋を鍛える

 

出典:photoAC

 

口もと周辺の筋肉を鍛えましょう。簡単にできる方法として、割り箸などを口に挟み口角をしっかり左右に広げる方法があります。この状態を1分ほどキープ。これを1日3~5回行ってみてください。また、とくに口もとを支えている筋肉である、頬筋・広頚筋(こうけいきん)・口角下制筋(こうかくかせいきん)・口輪筋を意識して動かすことも大切です。食事のときに意識して大きく咀嚼してみてください。日々の習慣にすることで筋肉が鍛えられ、マリオネットラインの予防になりますよ。

 

出典:illustAC

 

 

■保湿を入念に行う

 

出典:shutterstock

 

シワ対策にもっとも効果的なのは保湿です。いつもの化粧水、乳液やクリームに加えて、スペシャルケアとしてシワ改善効果のある成分入りの美容液などを積極的に使ってみましょう。マリオネットラインに念入りに塗布すると効果も高まるはず。

 

 

■姿勢を正す

 

出典:shutterstock

 

スマホを操作する時間が長くなり、背中が丸まりがちな方は姿勢を正すことを意識してください。顔が下を向いた姿勢が続くと、顔全体の筋肉や皮膚が弛みやすくなってしまいます。マリオネットラインを深くさせないためには、日々正しい姿勢でいることが大切。スマホや本を見るときは、目線の高さまで上げて顔が下がらないようにしましょう。座っているときも、できるだけ背筋を伸ばして腹筋を意識してみてください。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。