まめ得のタネ

100均ダイソーの救急箱・薬箱で救急セットを揃えよう

出典:筆者にて撮影(コンパクトサイズなのがうれしい)

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

急にお腹が痛くなった、指を切った……日常生活ではいろんなアクシデントに遭遇します。そんなとき、薬や絆創膏などを探すこととなりますが、皆様はこれらを救急セットを救急箱にしまっていますか?

 

もしもバラバラに置いていて毎回探し回ることになる人には、100円ショップ(100均)のダイソーで売っている救急セット・救急箱・薬箱がオススメ。その理由は、コンパクトサイズであること。従来の救急箱・薬箱はやたらと大きいものが多いですが、今回ご紹介するものは、ほとんど場所を取りません。

 

さらに、100円ショップの100均ダイソーには救急セットなどの救急道具がたくさん売られているので、一緒に購入して救急セットを用意しましょう。安く揃えられますし、一石二鳥です。

 

 

100均ダイソーの救急箱・薬箱・救急セット

 

出典:筆者にて撮影

商品名:救急箱/ダイソー ¥110(税込)

 

こちらはダイソーで売っている救急箱。13.6×18×12cmと非常にコンパクトなサイズの救急箱・薬箱です。

 

中を開けると、薄いブルーの小型ケースも入っており、爪切りなどの小物を置いておけばすぐに取り出すことができます。

 

また、救急箱自体が透明なので一目で中身がわかるのも嬉しいところです。

 

 

100均で揃う。ダイソーの救急箱に救急セットを揃えよう。備えておきたい救急道具

 

出典:筆者にて撮影(ひとつ110円。救急箱と合わせてたったの770円!)

 

同じくダイソーで買い揃えた救急道具・救急セットです。

今回購入したのは、絆創膏、包帯、消毒液、毛抜き、ハサミ、爪切り。

 

ダイソーの絆創膏は、110円で60枚入り。しかも防水なので、ひとつあれば何かと重宝しそうです。

 

包帯は、何かのアクシデントのときにあるとないとでは大違い。ぜひ救急箱と一緒に買い揃えてください。

 

傷の消毒や洗浄に欠かせないオキシドール(消毒液)も100均のダイソーなら110円で手に入ります。切り傷を負ったときなどにぜひ使ってください。

 

意外にも救急箱に入れておいた方が良いのが毛抜き。トゲが刺さったときなどは毛抜きが必要です。

 

ハサミは包帯を切るときに必要ですし、救急箱ではマストアイテムとなります。

 

爪切りは家の中でもよく探しがちなアイテム。ぜひ救急箱にしまっておいてください。

 

出典:筆者にて撮影(これだけ入れても少し余裕がありました)

 

 

救急箱に入れておきたい救急セットの他にオススメなグッズはこちら

 

出典:筆者にて撮影(防災対策としても用意しておきましょう)

 

例えば、天災などがあって家を空けることになったとき、食料だけでなく、薬なども常日頃から用意していきたいもの。

 

筆者の場合は、唇が乾燥しやすいのでリップ、衛生対策としてのアルコール、腹痛薬、体温計なども一緒に入れています。

 

ぜひ風邪薬他、頻繁に服用することが多い薬なども予備としても準備しておくと良いでしょう。

 

 

ダイソーで揃える100均の救急セット・救急箱のまとめ

 

他のオススメとして、家用の救急箱のほか、もうひとつ救急箱を用意し、車の中に入れておくこと。実際、筆者自身、外出先で怪我をして、救急箱のお世話になったこともありました。

 

備えあれば憂いなし。ということで、ぜひ安く揃えられる100円ショップの救急箱と救急セットを用意して、もしものための準備をしてみてはいかがでしょうか。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。