まめ得のタネ

オイル美容とは? オイルの選び方と使い方をご紹介

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

近年話題の“オイル美容”。乾燥対策としてはもちろん、肌の保湿力を高めることもできると人気です。まめ得世代にとってはエイジングケアとしても頼もしいお手入れ方法です。早速オイルの選び方やお手入れ方法をご紹介しますので、ぜひお試しください。

 

 

美容オイルが肌にもたらす効果

 

出典:photoAC

 

植物オイルは細胞膜をつくり、皮膚や髪の毛、さらに心臓や血管などにも働きかけるといわれています。また、女性ホルモンに影響をおよぼします。美容面では、肌の保湿や、ハリと弾力アップなどの効果が期待できます。オイルによって柔らかくなった肌は、そのあとに使う化粧品の浸透をよくし、さらなる美容効果をもたらしてくれるはずです。

 

 

エイジングケアに効果的な美容オイルとは?

 

植物オイルにはさまざまな種類があります。初めてオイル美容に挑戦する方は何を選ぶべきか迷ってしまいますよね。代表的なオイルの肌への働きをご説明しますので、自分に合ったオイルを選んでください。

 

出典:photoAC

 

【アルガンオイル】

ビタミンEを含むアルガンオイルは保湿力に定評があるオイル。肌への浸透がとてもよく、体内の活性酸素を除去し、むくみ予防や脂肪燃焼といった働きがあります。ハリをサポートする効能も期待できるのでシニア世代におすすめです。

 

【ホホバオイル】

主成分は皮脂と同じ『ワックスエステル』のため、比較的肌への負担が少なく、どんな肌タイプの方も使えます。肌のなじみがよく、肌の水分バランスと皮脂のバランスを整えてうるおった肌へと導きます。抗酸化作用があるビタミンEも含まれているので、シミやたるみといった老化現象を抑える効果もあるといわれています。

 

【ローズヒップオイル】

オイルの主成分を肌の保水機能を整える効果が高いリノール酸・αリノレン酸が占めているオイルです。セラミド形成をサポートし、肌の保水力を高めてくれます。メラニン色素の黒色化を抑制するビタミンCも豊富に含み、シミ予防にもおすすめ。トコフェロールなどの抗酸化成分もたっぷり含有。肌の酸化を引き起こす原因である活性酸素を除去し、肌細胞を守ります。

 

 

オイルの使い方

 

出典:photoAC

 

・導入美容液(ブースター)として使う方法

化粧水の前に、導入美容液(ブースター)として使うことができます。クレンジングや洗顔後の肌に美容オイルをなじませることで肌が柔らかくなり、スキンケアの土台を作ることができます。適量を手のひらに出し、手で顔を包み込むようにやさしくなじませましょう。

 

・プラスアイテムとして使う方法

化粧水の後にオイルを重ねる使い方。適量を手に広げて肌を包むようになじませて、オイルの膜で肌に蓋をするイメージです。全体に使うのが苦手な方は、とくに乾燥や肌のダメージが気になる箇所にだけつけてもOK。化粧水のあとに塗布することで、肌に潤いと油分をバランスよく与えることができます。

 

・マッサージに使う方法

お顔やデコルテのマッサージにもオイルは最適。摩擦による刺激を抑えられるとともに、使うオイルの効能も期待できます。滑りがよくなるよう、やや多めに使いましょう。

 

・お風呂で使う方法

お風呂の湯船にオイルを入れると乾燥予防効果があります。入浴後にオイルを体に塗るよりも手軽なのでおすすめです。

 

・髪のお手入れに使う方法

洗髪後、タオルで軽く水分を拭き取ったあとの髪に使用します。傷みやパサつきが目立ちがちな毛先を中心にオイルをなじませることで、しっとりまとまりのある髪へと導きます。

 

 

いかがでしたか?

今話題の“オイル美容”。じつはとっても簡単なので、ぜひ気になる箇所にお試しくださいね。

 

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。