まめ得のタネ

シニアの肌に優しいって本当? 「オーガニック化粧品」について解説

出典:shutterstock

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

“オーガニック化粧品”は肌に負担が軽いからシニアの肌に安心、と思っている人が多いようですが、そもそも“オーガニック化粧品”とは何なのでしょうか? 本当にシニアの肌におすすめなのか、わかりやすく解説していきましょう。

 

オーガニック化粧品とは?

 

出典:shutterstock

 

近年よく耳にするようになった“オーガニックコスメ”。美容や健康、環境に関心を持つ方が増えてきたことに伴い、オーガニックコスメもたくさん発売されています。

 

オーガニックとは主に日本語で有機という意味です。農薬や化学肥料に頼らず、本来持つ土壌の力を活かした農法、栽培方法、加工方法などのことを指します。つまり、オーガニックコスメとは有機栽培された植物を使ったコスメを指します。フランスやベルギー、アメリカなどでは認証機関があります。ですが、日本には認証機関がないため配合率や製法は各メーカーに任されています。残念ながら商品に1%でもオーガニック原料が配合されていればオーガニックコスメと謳えてしまいます。そのため、選ぶ側の知識や判断力がとても大切になります。

 

ナチュラルコスメとの違い

 

出典:shutterstock

 

もうひとつ紛らわしいのが“ナチュラルコスメ”です。こちらは、天然由来の原料を使用し、化学合成物質を使用していないか、あるいは極力控えて作られたコスメのことをいいます。このナチュラルコスメの天然由来原料にオーガニック原料が含まれている場合、それは”オーガニックコスメ”と謳われることになります。ナチュラルや自然派という表現も現状ではとても曖昧です。ナチュラルコスメだからといって、100%天然由来というわけではないので注意が必要です。

 

オーガニック化粧品は本当に肌にやさしいのか?

 

出典:shutterstock

 

自然のものは人にやさしい、というイメージが強いですが、肌にとっては一概にそうはいえません。たとえば肌あれしているときに皮膚科に行くと、ワセリンだけを塗るように指導されたことはありませんか? ワセリンはもっとも精製された油であり、不純物が肌に刺激を与えることがないからです。その逆に、自然のままの成分はさまざまな微量成分を含んでいることがあります。人によってはその成分が肌トラブルを引き起こすことも。また、自然のままなだけに不安定で変質しやすいといったデメリットもあります。もちろん、お肌に合えば植物のパワーを十分堪能できます! ただ、やさしいお手入れを目指したいのならば、科学の力で安定化された化粧品を使った方がいいといえるでしょう。

 

化粧品選びのポイントは、使っていてトラブルがない=肌に合っていることが何よりも大切。それを満たしていれば、あとはテクスチャーや香り、パッケージ、そして無理なく続けられる価格か? などを鑑みて選ぶのがよいでしょう。

 

 

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。