まめ得のタネ

化粧品に使用期限はあるの? 知っておきたい化粧品の基礎知識

出典:photoAC

 

食品にはきちんと記載されている「消費期限」。化粧品には記載がありませんが特に使用期限は気にしなくてもいいのでしょうか? そんな化粧品の素朴な疑問にお答えします。

 

 

化粧品にも使用期限はあるの?

 

出典:photoAC

 

女性の日々の身だしなみに欠かせない化粧品。何気なく使っていますが、化粧品はいつまで使えるのでしょうか? 使用頻度の低いものだと、気づけば数年以上買い替えていないということもありますよね。化粧品に使用期限はないと思っている方もいるようですが、実はあるのです。ただ、手元の化粧品を確認しても使用期限が記載されているものはほとんどないと思います。

 

 

3年以内に変質するものには記載ルールがある

 

出典:photoAC

 

あまり知られていませんが、化粧品には3年以内に変質するものには使用期限を表示すること、という決まりがあります。ということは、3年以上品質が安定しているものであれば使用期限表示の必要がありません。つまり、使用期限の記載がない化粧品は、未開封で適切に保存していれば3年間は安全に使用できるということです。気をつけたいのが未開封の状態で3年ということです。開封してしまうと品質劣化が始まる可能性があるので、1年を目安に使い切りましょう。

 

 

開封した化粧品の保管方法

 

出典:photoAC

 

開封後の化粧品はどう保管するのがいいのでしょうか? まだ開封したばかりだからといって、間違った保管をしていると化粧品の劣化を速めてしまいます。そこで、保管する際に注意したい点をご紹介します。

 

・直射日光が当たる場所や高温多湿な場所は避ける

 

直射日光は化粧品の品質劣化を速めてしまいます。窓際や日当たりのいい場所には置かないようにしましょう。お風呂場や洗面所といった湿度が高くなりやすい場所も適していません。

 

・温度変化の激しい場所に置かない

 

化粧品は温度変化にとても弱いです。日中に日がよく当たる場所や、車の中に置きっぱなしにするなども好ましくありません。

 

・使用後の容器の口元をそのままにしない

 

化粧が終わったら、各化粧品の口元などをティッシュでキレイに拭き取ってからフタをきちんとしめましょう。

 

 

では、どこで保管するのが良いのか? それは温度や湿度の変化が穏やかな常温の室内が最適です。ドレッサーや机の上に出しっぱなしにせず、引き出しなどに入れると良いでしょう。

 

 

日焼け止めなどの季節化粧品は来年も使える?

 

出典:photoAC

 

夏の間に使いきれなかった日焼け止めなどの季節化粧品も、適切に保管したものでしたら翌シーズンに使うことができます。ただし、中身を出したときに変なニオイがしたり、分離していた場合は使用を控えてください。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。