まめ得のタネ

水を使わない!自宅で簡単!本格スパイスカレーにチャレンジ!

出典:筆者にて撮影(奥深いスパイスの世界)

 

今や国民食と言われるほど日本人に親しまれているカレー。中でも市販のルーを使わず、スパイスを使って秘伝の味を生み出すインドカレーは、ハードルが高そうなカレーのように思いませんか。

 

実は決してそんなことはなく、わずかなスパイスと調味料、食材だけで簡単に作ることができます。しかも、水も使わずに調理できるので、いかにも本格的って思いませんか。さらに、小麦粉を使わないので、なるべく糖質を減らしたい人にも安心のメニューとなっています。

 

今回はそんな本格スパイスカレーのレシピをご紹介いたします。

 

 

3×3のスパイスで作るカレーレシピ

 

今回使用するのは、スーパーでも買うことのできる6つのスパイス。3つはそのままの形をしたホールスパイス、残りの3つは粉状のパウダースパイス。これらを調合して、インド風スパイスカレーを作ります。今回は香りの強い3つのスパイスをあえてホールスパイスにすることにより、香り高いカレーを目指しました。

 

<材料(2人前)>

 

A.ホールスパイス

・クミンシード 小さじ 1/2

・クローブ  56粒ほど

・カルダモン 56粒ほど

 

B.パウダースパイス

・ガラムマサラ 大さじ 1

・ターメリック 小さじ 1

・コリアンダー  小さじ 1

 

出典:筆者にて撮影(ホールスパイス、パウダースパイスの6種類で本格カレー)

 

C.その他調味料

・塩 小さじ 1

・胡椒 少々

・おろしニンニク 小さじ 1/2

・おろししょうが 小さじ 1/2

・鶏肉 200g

・トマト 中1

・玉ねぎ 中1

 

出典:筆者にて撮影(ニンニクや生姜は楽チンなチューブタイプを使用)

 

<作り方>

 

①フライパンにオリーブオイルを大さじ 2をひき、火をつける。温まってきたら、弱火にし、Aのホールスパイスを投入。香りが立ってきたらOK

 

出典:筆者にて撮影(焦がさぬように注意)

 

②別のフライパンに小さじ 1のオリーブオイルを入れ、鶏肉を焼く。途中、塩胡椒をし、焼き終えたら、油ごと別皿に移しておく。

 

出典:筆者にて撮影(鶏の脂身から旨みが出ているため、油は捨てないでおく)

 

③Aのホールスパイスが入っているフライパンに玉ねぎを投入。塩胡椒をし、あめ色になるまで20分ほど炒める。

 

出典:筆者にて撮影(玉ねぎが焦げ付かないよう、常にかき回しておく)

 

④玉ねぎの水分が飛び、あめ色になってきたら、ニンニク、しょうが、Bのパウダースパイスを投入し、全体が馴染むまで炒める。

 

出典:筆者にて撮影(パウダースパイスはこのタイミングで入れるのがポイント)

 

⑤玉ねぎとBのパウダースパイスが馴染んできたら、みじん切りにしたトマトを入れて、よくかき混ぜる。

 

出典:筆者にて撮影(水の代わりにトマトを入れる)

 

⑥全体がよく混ざったら、先ほど焼いておいた鶏肉を油ごと投入し、その後、焦げ付かないよう10分程炒める。

 

出典:筆者にて撮影(少量のスパイスしか使っていないのに、専門店のような香りが)

 

⑦10分炒め終わったら、本格スパイスカレーの出来上がり。

 

出典:筆者にて撮影(香りだけでなく、味もお店レベル)

 

 

まとめ

 

香りの強いクミンシード、クローブ、カルダモンは香り付けをする意味でもホールスパイスの方が望ましいですが、売っていない場合はパウダーに変更しても問題ありません。

 

またこちらのカレーを作る際は、塩気が足りないことが多いので、味見をしながら、適宜調整してください。

 

最後に、醤油を適量垂らすと味がしまることがありますので、強いコクのある味が好きな方はぜひ試してください。

 

が貯まります

新着記事

もっと見る


認証確認中
しばらくおまちください。