まめ得のタネ

季節の変わり目は肌が不調。健やかな肌を育む秋の「ゆらぎ肌」対策

出典:shutterstock

 

季節の変わり目は肌の調子が普段以上に悪くなってしまう……。それは肌が「ゆらぎ肌」に陥っているサインかもしれません。「ゆらぎ肌」の原因と対策を知って、夏から秋への肌を健やかに保ちましょう。

 

 

そもそも「ゆらぎ肌」とは?

 

出典:shutterstock

 

「ゆらぎ肌」とは医学的用語としては存在せず、季節や環境の変化により、一時的に肌が敏感になっている状態のことを指します。肌質には乾燥肌や敏感肌、油性肌など元々のタイプがありますが、ゆらぎ肌は誰しもがなりうる可能性があります。

 

秋のゆらぎ肌の原因はいくつかありますが、下記の3点が考えられます。

 

 

肌のバリア機能の低下

紫外線が強く降り注ぐ過酷な夏を過ごした肌はターンオーバーが乱れがち。それによりバリア機能が低下し、秋のゆらぎ肌を招きます。

 

気温や湿度の急激な変化

夏の終わりから秋にかけては1日の寒暖差が大きく、空気も乾燥します。そのため、肌代謝のリズムが乱れてしまします、さらに、湿度の低下によって肌のうるおいも奪われ、乾燥しやすくなってしまいます。

 

花粉など外的要因

花粉、PM2.5、黄砂などといった外敵要因によっても肌はゆらぎます。秋はブタクサ属などの花粉が飛んでおり、これらにアレルギー反応を起こすとかゆみや赤みなど肌トラブルが生じます。

 

 

私の肌はゆらぎ肌? 「ゆらぎ肌」の症状

 

出典:shutterstock

 

肌のバリア機能が低下するので、さまざまな肌トラブルが生じますが、症状は人それぞれ。「いつもの化粧品が合わなくなった」「化粧水がしみる」「湿疹ができる」「赤みやかゆみがある」など、何かしらの肌の不調がある場合は「ゆらぎ肌」を疑ってみましょう。

 

 

「ゆらぎ肌」の対策

 

出典:shutterstock

 

ゆらぎ肌はスキンケアを少し見直すことで改善できる場合がほとんどです。例えば、化粧品がしみるのであれば変えてみるのもひとつの方法。秋のゆらぎ肌の原因は肌の乾燥であることが多いので、さっぱり系の化粧品を使っているようでしたら高保湿化粧品を使ってみてください。

 

出典:shutterstock

 

また、バリア機能が弱っている肌には洗顔やクレンジングも外敵刺激になりかねません。ゴシゴシ洗顔したり、洗浄力の高いアイテムで洗っていると、肌本来の保湿成分まで洗い流してしまいます。洗浄力の穏やかな洗顔料やクレンジング剤で摩擦に気をつけて優しく洗うようにしましょう。

 

 

生活習慣や食生活にも気を配ろう

 

出典:shutterstock

 

さらに、ゆらぎ肌対策で忘れてはいけないのが生活習慣です。睡眠不足やストレス、偏った食生活などは、肌状態と密接な関係があります。寝不足やストレスは肌のターンオーバーを乱れさせる一因となるので睡眠時間はしっかり取るようにし、その日の心と体の疲れを翌日に持ち越さないように。食事面ではタンパク質、ビタミン、ミネラルを意識的に摂ると肌状態の改善に効果的です。納豆やオクラなどのネバネバ食品は、保水性があるヒアルロン酸を含んでいるので積極的に取り入れると良いでしょう。

 

が貯まります

新着記事

もっと見る


認証確認中
しばらくおまちください。