まめ得のタネ

自宅で白髪染めって難しい! 市販品で上手に白髪を染めるコツ

出典:shutterstock

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

外出する機会が減ったとはいえ、身だしなみはいつでも整えておきたいもの。でも、以前は頻繁に通っていた美容院に行きにくくなってしまったのも事実です。今までしたことのなかった自宅での白髪染めに挑戦したいという方もいるのではないでしょうか? そこで、初心者の方におすすめの白髪染め選びのポイントとキレイに染めるコツをお届けします。

 

 

種類豊富な白髪染め。初心者向けはどれ?

 

出典:shutterstock

 

一般的に白髪染めの種類は大きく分けて5種類あります。(注意点として、医薬部外品以外の「白髪染め」「白髪を染める」などは「着色すること」を指します)

 

  1. 白髪染めヘアカラーリング剤
  2. 白髪染めヘアマニキュア
  3. ヘナカラー
  4. 白髪染めトリートメント
  5. 白髪染めシャンプー

 

今回、選び方や使い方のコツをご紹介するのは、毛髪内部までしっかり染めることができる「1.白髪染めヘアカラーリング剤」になります。そして、この白髪染めヘアカラーにもタイプが複数あります。ドラッグストアの棚にたくさん並んでいるのを見たことがある方も多いでしょう。主流はクリームタイプと泡タイプですが、初心者の方には泡タイプがおすすめです。泡タイプの白髪染めは、カラーリング剤が「泡」になっている特徴があります。

 

出典:photoAC

 

なぜクリームタイプより泡タイプをおすすめするのか? メリットを挙げてみましょう。

 

<準備が楽ちん>

泡タイプのものは、あらかじめクリームや液を混ぜておく必要がないので簡単に準備ができます。

 

<シャンプー感覚で塗布できる>

プッシュするだけで泡が出るタイプが多いので、白髪染めに慣れていなくてもシャンプーやムースのような感覚で使うことができます。

 

<薬剤が垂れにくい>

髪の生え際や襟足などに塗ったとき、液状やクリーム状のものよりも泡タイプの方が垂れにくいです。

 

出典:photoAC

 

<とにかく塗りやすい>

クリームタイプはコームなどを使いしっかり塗り込む必要がありますが、泡だと手袋をした手でゴシゴシ塗り込むことができます。

 

<塗り残しが少ない>

自宅染めで大変なのは薬剤を髪にまんべんなく塗ること。泡であれば、見えにくい後頭部や後ろ側にも比較的塗りやすいです。

 

 

キレイに染めるコツ

 

自宅での白髪染めに挑戦するなら、ムラなくキレイに染めたいですよね。泡タイプの白髪染めを使うコツや注意点をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

出典:illustAC

 

メリットとして塗りやすいとお伝えしましたが、やはり髪の毛をいくつかのブロックにあらかじめ分けておくと、さらにムラなく塗りやすいです。ヘアクリップで留めたり、ゴムで結ぶなどしてください。美容室でやってもらうようにラップで全体を覆うと、さらに薬剤の浸透がよくなります。髪が染まりにくいという方はやってみてください。

 

染めた後のタオルドライにも気を付けましょう。タオルでゴシゴシ拭くと、色落ちや髪を傷める原因になってしまいます。頭皮をやさしくマッサージするように拭き、毛先はタオルで包み、軽く叩くようにして水分を切りましょう。

 

出典:shutterstock

 

泡タイプは残った分を置いておけるタイプのものもあります。経済的なうえに

、気軽に部分染めや根元のリタッチができます。自宅での白髪染めが初心者の方は、ぜひ泡タイプの白髪染めを使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。