まめ得のタネ

メイクが見違える! 朝のファンデーション前の“仕込みワザ”

出典:shutterstock

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

メイク前に少し手間をかけて「仕込み」をすることで、メイクの持ちがよくなったり、リップやアイシャドウの発色がグンとアップすることをご存知ですか? 過酷な夏を過ごした肌は普段以上に元気がない状態です。「仕込みワザ」でメイクのノリや持ちをよくしましょう。

 

 

くすみが気になるときの仕込みワザ

 

出典:shutterstock

 

寝不足だったり、前日の疲れが取れていないと朝の肌はどんよりくすんでいることも。そんなときは丁寧に洗顔して汚れを落としてから、蒸しタオルをするのがおすすめです。

 

出典:photoAC

 

蒸しタオルの作り方は、タオルをよく濡らして軽く絞ってから、清潔な袋に入れて、電子レンジで500W・50秒程度温めるだけでOK。(タオルの大きさに合わせて時間は調整してください)

 

出典:photoAC

 

粗熱を取り火傷に注意しながら顔に1分程度のせると、ポカポカと温まり血色がよくなりますよ。その後、いつものスキンケアを行いましょう。

 

 

ごわつきが気になるときの仕込みワザ

 

肌がごわついていると感じたら? ごわつきやザラつきの原因は古い角質ですから日々のお手入れを見直すべきですが、応急処置的な仕込みワザとしてはスクラブを取り入れてみましょう。

 

出典:photoAC

 

スクラブ洗顔と聞くと、洗浄力が強く肌にダメージを与えるのではないかと思いがちですが、それは大きな間違い。自分の肌質に合ったものを選び、使い方を守って上手く取り入れてあげると、肌は見違えるほど変わるのです。使い慣れていない方は、まずマイルドな使用感のものを選んだり、洗顔料に少量混ぜて使うのがおすすめ。その後は通常のスキンケアを行います。

 

 

カサつきが気になるときの仕込みワザ

 

出典:shutterstock

 

朝起きて、洗顔前の肌に触れたときにカサつきを感じたら「ローションパック」がおすすめです。

 

出典:shutterstock

 

コットンにお使いの化粧水をたっぷり含ませて顔の上にのせます。せっかく補った肌の水分が逆に奪われてしまうことを防ぐため、パックは3分以内に留めることが大切です。シートマスクがある場合は代用してもOK。ローションパックやシートマスクをする時間の余裕がない朝は、化粧水を何度もしっかり入れ込んで。化粧水が肌になじんでいく合い間に歯磨きしたり、荷物の用意をするなどして時間を有効に使いましょう。

 

出典:shutterstock

 

水分を肌にたっぷりと与えたら、油分を与えることも忘れずに。クリームは化粧崩れしやすい部位以外はいつもより多めに重ねます。

 

 

化粧下地は目的に合わせて選択を

 

さらに、化粧下地を使うと日中の崩れをより防げます。下地には顔色をよくするトーンアップタイプや保湿機能重視のものなどがありますが、目的によって使い分けましょう。例えば、崩れ防止を目的とするなら、皮脂がとくに出やすいTゾーンやあごなどにはクルクルと円を描くようになじませるのがポイント。下地は使わないという方もいらっしゃるようですが、メイクのノリや持ちが見違えるので、この機会にぜひ使ってみてください。

 

 

 

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。