まめ得のタネ

扉の裏を有効活用!ゴミ袋&排水口ネットの収納法

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

日用品の置き場所を変えたら、作業がはかどったなんて経験はありませんか?キッチンのデッドスペースを有効に活用すれば、台所作業がもっとラクになるかもしれません。100円ショップのアイテムを使って、ゴミ袋&排水口ネットを使いやすく収納してみましょう。今回は、キッチンの扉裏を利用した、ゴミ袋&排水口ネットのまめ得な収納アイデアをお届けします。

 

 

キッチンのデッドスペース

 

出典:筆者にて撮影(デッドスペースになっているシステムキッチンの扉裏)

 

シンク下の扉の裏側。デッドスペースになっていませんか?この場所は、家事をしながらでも手が届く、収納の穴場ともいえる場所。うまく活用すれば、作業効率を上げることができるかもしれませんよ!

扉の裏側を利用した収納は、扉の開閉を邪魔しないことが基本です。軽くて薄いゴミ袋と排水口ネットを収納して、家事をスムーズにしてみましょう。

 

 

ゴミ袋の収納アイデア

 

出典:筆者にて撮影(扉裏に収納する家庭用ゴミ袋)

 

分別回収用に種類が分かれるゴミ袋。収納場所に迷いますよね。

100円ショップでも購入できるタオル掛けハンガーを使えば、取り出しやすいゴミ袋収納ができますよ!

 

今回は、ゴミ袋3種(燃えるゴミ、リサイクルゴミ、サイズ違い)を収納するため、3本のハンガーを取り付けます。

 

出典:筆者にて撮影(扉裏に取り付けたタオル掛けハンガー)

 

それぞれゴミ袋をかけていきますが、かけ方にポイントが一つ!

 

  • ゴミ袋の下側を、下段のハンガーの内側に入れ込むこと

 

下のハンガーがゴミ袋を抑えてくれるので、ゴミ袋が落下するのを防げます。

 

出典:筆者にて撮影(タオル掛けハンガーに収納したゴミ袋)

 

片手でも取り出せて、使いやすいゴミ袋収納が完成しました。

残り枚数がわかりやすいので、ストック切れの心配もありません。

 

 

排水口ネットの収納アイデア

 

出典:photoAC

 

シンクの近くにあると便利なのが、排水口ネットです。

100円ショップのビニールケースを利用して、もう一方の扉の裏側に収納場所を作ります。

 

出典:筆者にて撮影(ビニールケースと両面テープ)

 

使用したのは、二口タイプのビニールケース。

中身が見えるクリアタイプがおすすめです。

 

出典:筆者にて撮影(ビニールケースの裏側に両面テープを貼り付けます)

 

ケースの裏側、上下2か所に両面テープを貼り付け、扉裏に固定します。

 

出典:筆者にて撮影(ビニールケースに収納した排水口ネットと水切り袋)

 

排水口ネットを入れれば、収納袋が完成です。二口なので、水切り袋の収納もできました!

手を伸ばせばすぐに届く位置にあるのが、この収納のポイントです。

 

□上部扉の活用アイデア

 

忘れてはいけないのがシンクの上扉です。

少し小ぶりのビニールケースを使った、ぶら下げ収納はいかがでしょう?

 

出典:筆者にて撮影(上扉に設置した排水口ネットの収納袋)

 

下方に切り込みを入れて、排水口ネットの取り出し口を作りました。

立ったまま、ラクな姿勢でネットが取り出せて便利ですよ!

上扉の収納は、補充しやすいよう、取り外し可能な状態で収納袋を取り付けてくださいね!

 

 

まとめ

 

キッチンのデッドスペースを利用したゴミ袋&排水口ネットの収納アイデアをお届けしました。ゴミ袋や排水口ネットのほかにも、サランラップや保存袋、キッチンペーパーなど、たくさんの用品を利用する台所作業。キッチンのデッドスペースを効果的に利用して、使いやすさを追求してみるのもいいかもしれません。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。