まめ得のタネ

レンジで手軽にもう1品。シリコンスチーマー活用法

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

食材を入れてレンジでチンするだけで蒸し物や煮物、さらにはスイーツまで作れてしまうシリコンスチーマー。数年前に一世を風靡したので、持っている方も多いのでは?今も変わらず使っていますか?

今回は、そんなシリコンスチーマーを活用することで家事がグッと楽になる「まめ得」なポイントを紹介いたします。

 

 

シリコンスチーマーのメリット4つ

 

出典:筆者にて撮影(筆者愛用のシリコンスチーマー)

 

さまざまなメニューが調理可能なシリコンスチーマー。特に大きなメリットは次の4つです。

 

メリット① 時短料理が可能

 

シリコンは熱伝導に優れています。だからシリコンスチーマーは短時間でムラなく食材に火を通すのが得意。野菜を蒸すなら2〜3分、ご飯でも10分程度で炊き上げることが可能。忙しい朝でも出来立ての蒸し野菜が食べられますよ。

 

メリット② 火を使わない

 

電子レンジで調理するシリコンスチーマー。セットさえしてしまえば、キッチンから離れても大丈夫。暑い夏などは特に、コンロの近くに立たなくても出来上がるので、料理のハードルをグッと下げます。

 

メリット③ 洗い物が減る

 

シリコンスチーマーはデザイン性が高いものが多く、そのままお皿として使えます。シリコンスチーマーだけで料理が完結するレシピも多いので、鍋も使わず、洗い物が減ります。

 

メリット④ ノンオイルで調理でき、栄養価を逃がさない

 

肉や魚でも、油を使わず調理するので、とってもヘルシー。野菜も茹でるのではなく野菜そのものの水分を使って蒸すので、栄養分が溶け出してしまう心配がありません。

 

 

シリコンスチーマーおすすめレシピ

 

筆者がよく作るのは、次の2品です。

 

定番レシピ① もやしの簡単ナムル

 

材料はもやし、鶏ガラスープの素とごま油。

 

出典:筆者にて撮影(「もやしの簡単ナムル」の材料)

 

さっと水洗いしたもやしをシリコンスチーマーに入れます。そこに鶏ガラスープの素を入れて混ぜ合わせ、レンジで3分程度加熱。最後にごま油を回しかけます。

 

出典:筆者にて撮影(完成した「もやしの簡単ナムル」)

 

包丁も使わず、5分程度で完成します。安価なもやしは使いやすく、箸休めにも最適ですよ。

 

定番レシピ② タラの野菜蒸し

 

材料はタラと野菜。野菜はキャベツやもやしなどなんでもOK。今回は冷蔵庫にあった玉ねぎ、にんじん、エリンギです。

 

出典:筆者にて撮影(「タラの野菜蒸し」の材料)

 

最初に玉ねぎをシリコンスチーマーに。それから、タラ、にんじん、エリンギを入れる。上からお酒と醤油をかけ、塩こしょう。レンジで7分程度加熱したら出来上がり。

 

出典:筆者にて撮影(完成した「タラの野菜蒸し」)

 

調味料をバターにしたり、タラを鮭に変えたりとアレンジも自由自在で、使い勝手は抜群です。1品で野菜も摂れるメニューなので、いざというときに重宝しますよ。

 

 

まとめ

 

シリコンスチーマーは短時間でヘルシーな料理が作れます。一気に大人数分は作れないけれど、ちょっと一品の副菜や、二人暮らしのご家庭にはぴったりです。使い始めるときっと手放せなくなりますよ!シリコンスチーマー、ぜひお試しください。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。