まめ得のタネ

手軽にできるのでぜひ試して! 洗濯の時短テクニック

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

毎日の家事の中でも洗濯にかかる時間って結構長い。少しでも時短できれば、と思いませんか?そんなときはぜひ、洗濯機の「まめ得」コース設定を活用してください!

 

 

洗濯機のコース設定を確認しよう

 

出典:筆者にて撮影(筆者宅の洗濯機)

 

 

洗濯機のコースを確認したことありますか?ずっと「標準コース」で洗濯している人も多いはず。筆者の自宅の洗濯機は10年ほど前に購入した縦型の洗濯機。「時短コース」はついておらず、標準コースは「洗い8分 すすぎ2回 脱水7分」という設定でした。これで「スタートボタン」を押すと、あと42分と表示されました。

 

おすすめはこんな設定

 

出典:筆者にて撮影(筆者宅の洗濯機の標準コースの設定)

 

洗濯機のコース設定を見直しは洗濯の時短につながりますよ。

おすすめは次のような設定です。

 

【洗い】

 

筆者の洗濯機の標準コースでは8分に設定されていた「洗い」。日常生活でつく軽い汚れなら、実は4〜5分でほとんどの汚れは落ちます。そして、その洗浄力は時間をかけても増すことはありません。

 

 

【すすぎ】

 

出典:筆者にて撮影(筆者宅のすすぎ1回でOKの洗濯洗剤)

 

標準の設定ではすすぎは2回。最近、販売されている洗濯洗剤のほとんどは、すすぎ1回でOK。泡切れがよく、繊維に洗浄成分が残りづらいので、すすぎ1回でも大丈夫です。時短にも水道代の節約にもつながるので、一度お使いの洗濯洗剤を確認してみてください。

 

 

【脱水】

 

標準コースでは7分だった脱水。冬物の厚手の衣類でも5分も脱水すれば十分。薄手のTシャツなどは1分でも問題ありません。脱水時間が長すぎるとシワができ、衣類への負担も大きくなります。

 

 

酵素系漂白剤もおすすめ

 

出典:筆者にて撮影(酵素系漂白剤)

 

酵素系漂白剤は繊維にダメージを与えることなく、汚れの色素や汚れ自体を落としやすくします。食べこぼしの汚れが落ちやすくなり、除菌と殺菌力もあるすぐれもの。酵素系漂白剤を使えば、洗濯時間が少なくても汚れがすっきり落ちます。使い方はいつもの洗濯にプラスして入れるだけ、と簡単なので、ぜひ一度お試しを。

 

 

タイマー機能も活用しよう

 

出典:筆者にて撮影(洗濯物)

 

ご自宅の洗濯機にタイマー機能はありますか?朝に洗濯をするなら、このタイマー機能はとても便利。夜寝る前に、洗濯物と洗剤を洗濯機に入れ、起きる時間に洗濯が終わるようにタイマーをセットします。朝起きてから洗濯機を回すより、大幅な時短が可能。忙しい朝にはとても重宝する機能です。

 

 

まとめ

 

筆者の洗濯機の定番設定は「洗い5分 すすぎ1回 脱水3分」の計25分。標準モードより、約20分の時短です。たったの20分ですが、洗濯物を干す朝にはとても貴重。もちろんタイマー機能も活用中です。洗濯機の設定を見直して、家事の合間のちょっと一息つく時間ができますように!

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。