まめ得のタネ

洗濯機の時短コースでも、頑固汚れをキレイにする工夫とは?

出典:photoAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

毎日の洗濯、一日に何分かかっていますか?

「標準コース」だと平均4050分ほど。洗濯物が多ければ多いほど、必然的にまわす回数が増え時間がかかります。

そこで活用してほしいのが、洗濯機の「時短コース」。「標準コース」の約半分の時間でおわるため、洗濯の時間の短縮になります。

さらにひと工夫すれば、頑固汚れも落とせる時短「まめ得」ワザとなります!

 

汚れの軽い衣類なら時短で充分

 

メーカーにもよりますが、「時短」「おいそぎ」「スピード」など、時短できる機能が標準装備されています。

時短コースには、普段着ている衣類やタオルなど、汚れ具合が軽い衣類が向いています。

 

でも、汚れが落ちなかったり、洗剤の洗い残しの心配がある場合は、“液体洗剤”や“すすぎ1回の洗剤”に変更するだけで、それらの悩みは解決します。

 

筆者は、よほどの洗濯物の量がない場合は、時短コースで洗濯の時間を短縮しています。

 

ひと工夫で頑固汚れも落とせる!?

 

先程、軽い汚れなら充分といいましたが、実はひと工夫することで、頑固な汚れもある程度キレイに落とすことができます。

 

それは、洗濯機をまわす前の予洗いです。

 

出典:筆者にて撮影(カレーの付いた服)

 

汚れの部分に、いつも使っている洗濯洗剤でこすり洗いをして、時間の余裕があれば少しの間つけ置きしておきます。ここでポイントなのが「お湯でつけ置き」です。お湯は洗剤の汚れ落ち効果が高まるため、夜にお風呂の湯を使うと効率的です。夜に洗濯機をまわしている場合は、30分ほど浸けておくといいです。

 

出典:筆者にて撮影(こすり洗い後、つけ置き中)

 

あとは、つけ置きしたお水ごと、他の洗濯物と一緒に時短コースで回すだけです。

 

出典:筆者にて撮影(干した後の汚れの確認)

 

写真を見てもらうとわかるように、落ちにくい汚れの上位に上がるカレーでも汚れをキレイに落とすことができます。

 

ただ、汚れの種類や度合いにもよるので、必ずしも汚れが落ちるとは限りませんのでご注意ください。

 

上手に洗濯機を使いこなせると家事の時短につながります。

 

まとめ

 

長く拘束される洗濯の時間。

洗濯機の機能を上手に使えば、ちょっとした汚れから頑固な汚れまで、時短でキレイにすることが可能になります。

 

おまけにすすぎの回数が減ることもあり、時間と水の節約にもつながります。

 

「時短コース」は主婦の味方になる「まめ得」ワザです。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。