まめ得のタネ

”頑張りすぎないこと”が節約のカギ!食費を抑えるズボラ節約術5選

出典:photo AC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

生活費のなかで一番減らしやすい「食費」。

ですが、家計簿をつけたり予算を振り分けたりする節約は少し面倒なもの。

そこで今回は、ズボラな筆者でもすぐに実践できた、効果大な食費節約術を5つご紹介します。

 

空腹のときはスーパーへ行かない

食料の買い出しは、空腹時に行かないことをおすすめします。

スーパーには美味しそうなお惣菜やお弁当がたくさん並んでいるので、空腹のときは、ムダ買いしやすくなるので危険です!
とくに、お昼ごはんの時間帯は、要注意。筆者は、お昼ご飯を済ませてからスーパーへ行くように心がけています。

 

買い物は自分1人で行く

筆者は、基本的に食材の買い出しは1人で行きます。

なぜなら、家族を連れて行くと余計な買い物が増えてしまうからです。

お孫さんがいれば、お菓子やジュースをねだられることもあるでしょう。

夫と一緒だと、お酒やおつまみの買い物が増えることも。

誘惑が多いスーパーでは、1人で買い出しに行った方が“ついで買い”が減らせます。

 

メーカー品ではなくPB商品を選ぶ

 

出典:筆者にて撮影(筆者が購入したPB商品)

 

割引やタイムセールを狙わなくても、「PB(プライベートブランド)」を選ぶようにするだけで食費の節約になります。

PBは、スーパーが企画から製造まで行っている、低価格の商品です。

ムダなコストを削減しているため、メーカー品に劣らない質の高い商品をより安く購入できるのがメリット。

イオンは「トップバリュ」、セブン&アイグループでは「セブンプレミアム」などが有名ですね。

 

ちなみに筆者は、業務スーパーのオリジナル商品を購入することが多いです。

量が多く、他のスーパーと比べて価格が25割ほど安いので、食費節約に役立っています。

 

「3パック●円」などのまとめ売りに手を出さない

 

スーパーへ行くと、「3パックでよりどり1,000円」といった特売品を見かけます。

お肉やお魚に多く見られますが、こういったまとめ売りは案外高くつくことが多いです。

グラム単価を見ると、それほど安くない場合も。

必要以上に購入して、結局はロスしてしまうことにもなりかねないので、“まとめ売り”につられず、必要な分だけを購入しましょう。

 

定番の食材だけを購入する

 

出典:筆者にて撮影(定番品は間違いなし)

 

新商品の調味料や珍しい野菜を見ると、つい手を伸ばしたくなるものですが、口に合わないリスクもあります。

とくに調味料やドレッシングは、1回試してみたきり使わなくなるものも多いです。

節約を考えるときは、冒険せずに、定番のものを使い切ることをおすすめします。

 

まとめ

節約が苦手な人でも、食材の買い方や選び方に少し気を付けるだけで、節約につながります。

すべて実践すれば、月3,0005,000円の節約につながるまめ得ワザでした。

 

 

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。