まめ得のタネ

飴色玉ねぎは、○○してから5分炒めるだけで作れる!時間とガス代のW節約!

出典:筆者にて撮影(玉ねぎみじん切り)

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

じっくり飴色になるまで炒めた玉ねぎは、料理にコクや甘みをプラスしてくれます。ただ、飴色玉ねぎは作るのに時間がかかるのがネックです。手間のかかる飴色玉ねぎも、事前にあることをすれば短時間で作れる方法があります。

今回は、短時間が作れるだけでなく、ガス代もお得なまめ得ワザをご紹介。時短飴色玉ねぎを活用して、いつもの料理をワンランクアップさせましょう。

 

飴色玉ねぎの時短は「冷凍」がカギ!

生の玉ねぎから飴色玉ねぎを作ると、かなり時間がかかります。玉ねぎの量や切り方にもよりますが、3060分は炒め続けなければなりません。ですが、玉ねぎを“冷凍してから”炒めるだけで、調理時間を半分以下にすることができるのです。

でも、なぜ冷凍すると早く飴色玉ねぎになるのか不思議ですよね。

原理は意外とシンプルです。

玉ねぎをいったん冷凍すると、細胞が壊れます。細胞が壊れると水が出やすくなり、炒めると一気に水分が飛んで、早く飴色に仕上がるというわけなのです。

実際に筆者が試したところ、最短5分で飴色玉ねぎが出来上がりました。今まで30分以上かけていたので時間が25分も短縮に。時間だけでなくガス代の節約にもなって、一石二鳥です!

 

飴色玉ねぎを早く作る手順

出典:筆者にて撮影(刻んだ玉ねぎをシップロックに入れる)

 

飴色玉ねぎをできるだけ早く作るには、冷凍する以外にも少しコツがあります。できるだけ早く火が入って、水分が飛ばせるような切り方にも注目です。

①玉ねぎを細かくみじん切りに刻む

②刻んだ玉ねぎをジップロックに入れる

③できるだけ空気を抜き、平らにならして冷凍保存

④冷凍した玉ねぎを凍ったままフライパンで炒める

⑤フタをして過熱を早める

⑥最後に水分を飛ばして飴色になれば完成

 

出典:筆者にて撮影(5分で出来た飴色玉ねぎ)

 

飴色玉ねぎは、火の通りを早くすることが時間を短くするポイントです。玉ねぎはできるだけ小さくカット、炒める際はフタをして蒸らしながら加熱すると早いです。コーティングがはげてきて、くっつきやすくなっているフライパンは、炒めるときに少量の油をひきましょう。

この手順で作れば、最短で5分、長くても10分あれば玉ねぎが飴色になりますよ。

 

飴色玉ねぎは大量に作って冷凍保存がおすすめ

飴色玉ねぎは、ハンバーグやスープ、カレーなどいろいろな料理に使えます。普通の玉ねぎを飴色玉ねぎに変えるだけで、コクは甘みがUP!美味しさが格段に違います。

今回のまめ得ワザは時短で飴色玉ねぎが作れますが、毎回作るのは手間ですよね。このテクニックを使って、飴色玉ねぎをまとめて作って冷凍保存しておくと便利です。簡単に作れる飴色玉ねぎを使って、より美味しいおうちごはんを楽しんではいかがでしょうか。

 

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。