まめ得のタネ

洗濯しても落ちない衣類のシミを落とすまめ得ワザ!

出典:イラストAC

記事を最後まで読むと無料でポイント獲得

いつの間についたのか、何がついたのかもわからない、気が付いたら衣類にちょこんと存在しているシミ。急いで拭いてもなかなか落ちてくれないので、出先の時は困ることも。シミは基本的に洗濯洗剤を使って洗濯しますが、それでも落ちてくれないシミもあります。

今回は、そんな落ちないシミにおすすめの、身の回りにある身近なものでシミを落とす、まめ得ワザをご紹介します!これでクリーニングを利用する回数が減らせるかも。

 

食べ物系のシミには食器用洗剤で!

出典:筆者にて撮影(食器用洗剤と綿棒)

 

お醤油やケチャップ、油など、食べ物系のシミには、食器用洗剤が便利です。

 

食器用洗剤は、食べ物の汚れを落としてくれる洗剤です。食器汚れに使う洗剤ですが、衣類についてしまった食べ物系のシミも汚れを分解して取れやすくしてくれます。

ココで注意してほしいのは、中性洗剤を使うこと。

アルカリ性の洗剤を使うと、生地によっては強い変色や色落ち、生地が薄くなったり溶けたりといった変質を起こす可能性があります。パッケージを確認し、必ず中性洗剤を使うようにしてください。

 

食器用洗剤を使ったシミの落とし方

1:シミのついた衣類の下にタオルを敷きます。

2:シミの上に直接洗剤をかけ、綿棒などでやさしくシミを叩きながら汚れを浮かせていきます。

3:シミが取れたら水かぬるま湯で洗剤を洗い流して完了です。

 

メイク落としがシミにも使える!

出典:筆者にて撮影(泡立つタイプのメイク落とし)

 

口紅やファンデーション、マスカラなどのメイクのシミや汚れが衣類につくと、取るのが大変ですよね。そんな時は、メイク落としが便利です。

化粧品によるシミや汚れなどは、色がついており、油分が含まれていますし、粒子も細かいため、洗濯洗剤ではなかなか汚れが落ちてくれません。

メイクを落とす時も、普通の洗顔料だけだとなかなかメイクは落ちてくれませんよね?メイク落としには、メイクを落とす洗浄成分が入っています。その洗浄成分が、化粧品による衣類のシミにも有効です。

メイク落としには、オイルタイプやミルクタイプ、メイク落としと洗顔料が合わさった泡立つタイプのものがあります。この中でシミを落とすのにおすすめなのは、「泡立つタイプのメイク落とし」。

オイルやミルクタイプの場合、衣類に使うとシミを広げてしまう恐れがあります。シミは落とせたとしても、その後しっかりと洗濯洗剤で洗わないと、オイルやミルクが衣類に残ってしまいます。

泡立つタイプのメイク落としの場合、シミが衣類に広がってしまう恐れを少なくすることができます。

 

泡立つタイプのメイク落としを使ったシミの落とし方

1:気になるシミの箇所を、水またはぬるま湯で軽くぬらします。

2:泡立つメイク落とし洗顔料と、少量の水を混ぜて手で泡立てます。

3:泡立てたら、気になるシミの上にのせます。

4:衣類を傷めないように注意しながら、メイク落とし洗顔料にシミの汚れを移すようにやさしく合わせていきます。

5:水かぬるま湯でメイク落とし洗顔料を洗い流したら完了です。

 

まとめ

今回は、洗濯洗剤以外でシミを落とすのにまめ得ワザをご紹介しました。気になるシミを見つけたら、あきらめる前に今回ご紹介したアイテムでシミ抜きにトライしてみることをおすすめします。ただし、この方法は推奨されている方法ではないため、デリケートな衣類は生地を傷める恐れがあるので、その場合はクリーニングを利用してくださいね。

新着記事

もっと見る


ページ準備中
しばらくおまちください。